無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2007年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 高浜子ども放送局 ―白砂青松の町の小さな感動   

大学院 総合政策研究科 博士前期課程 2年 廣田衣里子

※子どもたちの制作をサポートするティーチングアシスタント(TA)が執筆しています

白砂青松の町・高浜町

福井県高浜町という町をご存知だろうか。福井県の最西端にあり、若狭湾国定公園に指定されている。美しい海と山々に囲まれる人口12,000人ほどの小さな町で、夏には海水浴、冬にはフグやカニ目当てに、近隣の府県からたくさんの観光客が訪れる。関西電力の高浜原子力発電所がある場所といえば、耳にしたことがある方も多いだろう。

その高浜町で、毎年夏に「若狭たかはま漁火想(いさりびそう)」と呼ばれる町最大のお祭りが行われる。町おこしを基軸とした住民企画・参加型のイベントで、たくさんの住民たちがボランティアとして祭りを支え、観光や産業の推進に一役かっている。

高浜子ども放送局とは

この「漁火想」を、地元の小中学生たちが取材・撮影し放送用の番組を制作する「高浜子ども放送局」が、2003年から毎年おこなわれている。中央大学FLPジャーナリズムプログラム松野良一ゼミが、高浜町観光協会、高浜町教育委員会と協力しておこなっている地域情報化、地域活性化プロジェクトだ。

制作される番組には、漁火想の目玉イベントである砂浜キャンドルや水中花火に加え、町の人のゆかいなインタビューが盛りだくさん。2005年の作品では漁火想の様子だけでなく、街にくりだして高浜町の魅力をリポートした。子供たちのずっこけぶりと一生懸命さで、なぜか大爆笑してしまう番組ばかりである。

子どもの成長にびっくり

子供2、3人の撮影チームに学生1人がティーチング・アシスタント(TA)として付く。ビデオカメラでの撮影や取材交渉の仕方を教える。子供たちは最初、恥ずかしがってビデオカメラの前でリポートしたり、知らない人に声をかけることがなかなかできない。しかし、3時間もすれば自分でカメラを持って撮りたいものに駆け寄り、どうしたらきれいに撮れるかを考えたり、マイクを持ってしっかりレポートができるようになる。TAである私は、いつもその光景に感心させられてしまう。時には、取材対象にアドリブの質問をして笑わせてくれたりもするから驚きだ。

地域情報化にも貢献

町の人にインタビューをしようと出演のお願いをすると「ああ、前に○チャンネルでやっていたやつでしょ?見たよ。」と快く受けてくださる人も最近では出てきた。前年の番組をテレビで見て、興味をもったという声も聞いた。普段は緊急災害情報のための文字放送が多く流れるCATVのチャンネルに、子供たちの番組が流れることに相当のインパクトがあったのだろう。高度のインフラが整備されているもののコンテンツ不足という地域情報化の問題の解決にも、この子ども放送局は貢献しているようだ。

上映会の感動

過去の番組(合計5作品、3時間)を一挙上映する上映会も、2006年に高浜町文化会館のホールで行った。会場には地域の住民や役所の方々約70名が集まり、子供たちのリポートに爆笑したり感動したりする光景が見られた。

作品上映後に、制作者として舞台あいさつする子どもたちの姿は、撮影前にカメラの前でモジモジしていた彼らとは違う、自分たちの番組を完成させた喜びと自信に満ち溢れていた。

来場した地域の方々は、「面白かった」「子供たちのレポートがかわいかった」など、さまざまな感想を下さった。中には「高浜町にはいい所がいっぱいあると、改めて知った」と、町にさらに愛着を感じるお客さん。特に印象に残っているのは、学校の先生や親御さんたちが「子供たちはとてもよく頑張った。ほめてあげたい。」と、目に涙を浮かべていたことだ。子供たちの番組がこれほどの感動を呼ぶとは予想しておらず、この上映会は私にとって印象深いものになった。

子ども放送局の意味

私はこの活動に携わったことで、わかったことが3つある。

1. 子供放送局のプロジェクトは、メディア教育にとても効果的である。普段視聴しているだけのテレビ番組を子供たちが自分の手で制作することによってメディアリテラシー(メディアを読み解き、批評的に視聴する能力)、および自ら取材活動を行うことによる自主性・コミュニケーション能力の育成に役立つ。

2. 子供たちが制作した番組は、コンテンツとしての価値が高い。地域のことを子供たちがリポートし、紹介する番組は、芸能人リポーターが出演する番組とは違う魅力があり、時には子供たちの方が面白い番組を作ることができる。

3. 子供たちの番組は、地域活性化の起爆剤になる。子供たちが街をリポートすることによって自ら地域のことを知るということはもちろん、地域の面白い番組を地域の人々が見ることによって地域への興味や愛着を感じることにつながる。それが地域の活性化にとって重要な要素になる。

子供放送局の魅力は、なんといっても感動だ。面白いのは番組だけではない。子供たちの成長、地域の魅力の再発見...。地域の皆さんと一緒になって番組を制作し、そのコンテンツによって地域に新しい価値を創造する。地域の行政や企業だけではできない、みんなで作り上げる地域活性化がそこにはある。
[PR]

by tamatanweb | 2007-04-01 00:00 | 高浜子ども放送局

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 忘れがたい出会い   

法学部 政治学科 3年 堀夏海

どうしてこんなにも強くひかれたのだろう。取材先のご主人たちと別れたあと、私は考えこんでいた。

出会いは昨年の11月に行われた昭島産業まつり。東京都昭島市にある、つつじが丘南小学校の6年生たちとの活動「昭島子ども放送局」での取材だった。「昭島子ども放送局」は、地域の隠れた魅力を再発見するプロジェクトで、子どもたちと取材や撮影、編集を行い、1つの番組を作り上げていく。

産業まつりで出店していたブースの中に、忙しそうに動き回る男性がいた。彼が「昭島ロール」の生みの親、「栄楽堂」のご主人である中村さんだった。昭島ロールとは、昭島の材料にこだわったロールケーキである。小麦粉の代わりに米の粉を用い、昭島産の卵、栗、梨などを使用しているのだという。試食したレポーターの子どもは、なんとも幸せそうな表情でロールケーキを頬張っていた。

今年の1月。第2回「昭島子ども放送局」に向け、昭島の町の取材に出かけた。子どもたちがレポートする町のネタを事前に見つけておくのである。私は「栄楽堂」の事前取材を希望した。それは、子どもたちが1度関わったネタなので、レポートしやすいのではないかという気持ちからであった。店に向かうと、ご主人と奥さんが快く向かえてくれた。

ご主人は30年以上も店を構え、人との出会いを大切にし、そこに喜びや楽しみを見出だしながら仕事を続けてきた。私たちが「大変なことは?」と問うと、ご主人は「無い」ときっぱり答えた。「大変だと思ったら、やらない方がいい。本当に大変だと思ったとき、仕事は終りなのだ」。優しい瞳の奥にある、強い意志を見た気がした。

生産者の顔が見え、消費者にとって安心な地元の素材。ご主人は卵や果物だけでなく、野菜なども使い、日々試行錯誤している。それを支える奥さんは、ご主人のことを「仕事を本当に頑張る人」といい、一方のご主人は、奥さんのことを「なくてはならない存在だ」と照れながら話してくれた。私は、その話を聞きながら、心が揺さぶられる思いがした。

そして、話は冒頭に戻るのだ。どうしてこんなにも強くひかれたのだろう。それはきっと、ご主人の「思い」に触れることができたからではないだろうか。もしかしたら、このお店の、そしてこのご夫婦の魅力を伝えられるのは私だけなのではないだろうか、と感じた。絶対に埋もれさせてはいけない「思い」がここにはあると確信した。

第2回「昭島子ども放送局」を終え、出来あがったVTRを店に届けると、番組を見て昭島ロールを買いにきたという女性に遭遇した。嬉しさと共に、番組の影響力に驚きもした。開発が進む町で、進化を模索し続ける店。しかし、その熱い「思い」は何一つ変わることはない。ご主人に負けないような、ゆるぎない信念。私は見つけられるだろうか。きっと見つけてやる。密かな決意を胸に、私は店を後にした。
[PR]

by tamatanweb | 2007-04-01 00:00 | 昭島子ども放送局