無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 元・特攻隊員からもらった言葉 ~それでも、戦争を伝える理由~   

法学部 法律学科 4年 冨田 佑



私が所属する多摩探検隊では、毎年8月に戦争と平和をテーマに番組を制作している。戦後65年にあたる今年は、東京都武蔵村山市に戦時中あった東京陸軍航空学校にスポットを当てドキュメンタリーを作った。そして、その番組は、第76回多摩探検隊『東京陸軍航空学校 少年飛行兵の記憶』として放送された。私は、その番組にディレクターとして携わり、取材や撮影を行った。東京陸軍航空学校とは、少年飛行兵の育成のために開校された学校で、人々からは「東航」と呼ばれていた。東航には、難関の試験を突破した14歳から16歳の少年が入学し、1年間の訓練を積んだ後、各地の陸軍の施設でさらに訓練を受け、戦地へと赴いた。

そもそも、少年飛行兵というテーマを見つけたのは2009年の11月のことだった。他の取材のために武蔵村山市を訪れていたとき、偶然バスの車窓から見えたのが、「陸軍少年飛行兵慰霊塔」という看板だった。半年後の2010年5月、8月放送のテーマを探している時に、ふとその看板のことを思い出した。調べてみると、戦時中、武蔵村山に少年飛行兵を育成する施設があったことが分かった。少年飛行兵の中には、特攻隊として犠牲になった人もいる。戦争とはあまり関係とはないと思っていた武蔵村山の地に、少年飛行兵を育成する施設があった。その事実はあまり多くの人には知られていないに違いない。「その事実を多くの人に伝えたい」。そんな思いから、番組制作が始まった。

番組のテーマは決まったものの、映像という形で伝えるためには、生の声で当時の思い出を証言する方を探さないといけない。しかし、高齢となった戦争体験者を探すことは、細い糸を手繰り寄せるようなものでなかなか見つけることができなかった。この方にお話を聞きたいと思い連絡をとっても、すでに亡くなっていたり、病気でお話を聞けないということもあった。そんなあくせくした日々が2週間ほど続き、このままでは放送に間に合わないと私は焦る一方だった。

しかし、取材を続けていた6月の初め、東航を卒業し、戦地へと赴いたが、奇跡的に生き残った方が長野県松本市にいることがわかった。元少年飛行兵・島田昌往(まさゆき)さん(84)である。早速、島田さんに連絡をとり、インタビューを撮影させていただいた。それが番組の軸となった。さらに、島田さんの部隊の隊長の墓がある静岡県牧之原市や、島田さんが出撃した基地があった鹿児島県南九州市知覧町でもロケを行い、無事に番組は完成した。

約1年前、私が武蔵村山で慰霊塔の看板を見つけた時、その看板を出発点として番組を制作することは、全く考えていなかった。しかも、取材を進めていくうちに、少年飛行兵に関する取材は、武蔵村山から松本、そして知覧、静岡と、全国に広がっていった。ひとつの看板を出発として、日本各地に散らばる点を辿って行き、1本の線となっていくのを感じた。番組を制作している間、私は壁にぶつかるたびに、「番組制作をして何の意味があるのだろう」と自問自答していたこともあった。

その度に、私は島田さんから聞いた言葉を思い出していた。島田さんは、「長い間、戦争についての話をすることはためらわれた」と言った。生き残った人間として、戦争の話をすることは亡くなった人間に対して申し訳なく、そして、自分自身の辛かった思い出を追体験してしまうからだろう。それでも、語り続ける理由とは何なのだろうか。そういう問いをぶつけたとき、答えは、「自分が語ることで、少しでも戦争の悲惨さを後世に伝えることができたら」という言葉だった。

その言葉を前にして、私たちにできること。それは、きっと、1人でも多くの戦争体験者を探し出し、埋もれている言葉を掘り起こし、その声にカメラを向け記録し、伝え続けることだろう。そして、そこに私たちの活動の意味は間違いなくあるはずだ。いくつもの苦労を重ねて番組を完成させた今、私は自信をもって、そう思っている。
[PR]

by tamatanweb | 2010-12-01 00:00

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 特攻基地「知覧」の現場で考えたこと   

文学部 人文社会学科フランス言語文学文化専攻 4年 野口 真菜美



2010年7月7日。年に一度の七夕の日、私は鹿児島県にある知覧にいた。空を見上げると、東京では見ることのできない数多くの星が瞬いていた。

私たち多摩探検隊は、名前の通り、多摩に埋もれている話題や人物を掘り起こし、番組を制作している。毎年8月には、4年生の卒業制作として、多摩地域にあった戦争をテーマに取り上げており、今年で6作品目となる。2010年8月放送は、かつて武蔵村山にあった東京陸軍少年飛行兵学校と、少年飛行兵の思いに迫った。私は番組プロデューサーとして制作に携わり、その過程で、多摩から遠く離れた知覧で撮影を行うこととなった。

それは6月中旬、長野県松本市在住の島田昌往さん(85歳)にお話を伺ったことがきっかけだった。島田さんは東京陸軍少年飛行兵学校を卒業し、19歳の時に特攻隊として出撃命令を受ける。そして、1945年6月、鹿児島県知覧飛行場から沖縄へと飛び立った。しかし、エンジンのオイル漏れで徳之島に不時着し、一命を取りとめた。

特攻隊員たちは知覧から出撃する前夜、「三角兵舎」という半地下式の建物の中で最後の夜を過ごした。島田さんは「俺は明日死ぬんだと、この世でいるのは今日だけなんだって思ったら、とても眠れたものではなかったよ」と語った。彼らはどのような思いで夜を過ごし、どのような思いで翌朝、空を見上げていたのだろうか。

島田さんの話を聞いた私たち取材班は、実際に島田さんが特攻隊として出撃した知覧を訪れてみたいと思った。島田さんや多くの特攻隊員たちが最後の夜を過ごし、沖縄へと飛び立っていった地で、彼らの軌跡を辿り、追体験したいと思った。

東京から800キロ離れた鹿児島県南九州市知覧町。知覧特攻平和会館には、一機一艦の突撃を敢行した多くの特攻隊員の遺品や関係資料が展示されている。その中のひとつに島田さんが所属していた「第百十一振武隊若桜隊」の集合写真があった。また、戦没者一覧の中には若桜隊11名中9名の名前が刻まれていた。

私たちは薩摩半島最南端の開聞岳にも足を運んだ。知覧飛行場から飛び立った特攻隊員は開聞岳に敬礼し別れを告げ、沖縄へと向かって行ったという。海の上に大きくそびえ立つ開聞岳を前に、島田さんの言葉を思い出した。

「開聞岳に敬礼した後ね、エンジン音に負けないくらい大きな声でおかーさーん、おとーさーんって泣きながら叫んだよ...」

開聞岳と海、そして空しか見えないこの景色は、65年前と変わらぬものなのだろう。大空に憧れた少年飛行兵たちは、家族への思いを抱き、開聞岳に背を向けたまま沖縄を目指した。日本本土に迫る来る米軍に対し、弱冠19歳前後の彼らが、特攻隊として突撃せざるを得なかった現実を知り、戦争の非情さと残酷さを実感した。

私たちは、60数年前に起きた戦争の現実を知りたいと思い、体験者に話を聞き、平和について考えた。どれだけの惨劇が起こったのだろうか...。特攻隊員たちが過ごし、沖縄へと飛び立っていった知覧の地にたたずんでみても、実際に体験することは不可能だ。しかし、目で耳で肌で感じ、想像することはできる。

「戦争はどんなことがあってもさせてもいけないし、させたくもない。私は生き残った人間として声を大にして言いたい」という島田さんの強い思いを、私たちは後世に伝えていく義務があると思う。 なぜ私たちは、戦争と平和のテーマをVTRにまとめているのか。戦争体験者の話し方、息づかい、感情を、そのまま伝えたい。そして、「現場」の様子、音、色などそのまま形に残し、VTRを見た人に追体験してもらうためだ。このことが平和への一歩となるのではないだろうか。これからも、多摩探検隊は戦争と平和を「現場」から考え、発信していきたい。多摩から、日本全国へ。
[PR]

by tamatanweb | 2010-12-01 00:00 | 制作日誌