無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 本当に大切なこと ―子どもたちからもらった笑顔―   

総合政策学部 3年 北見英城

二〇一〇年二月十八日、私たちは、東京都昭島市立東小学校の子どもたちと一緒に、ブルガリア留学生との国際交流授業について、子ども放送局でとりあげた。子ども放送局とは、小学生が企画、撮影、リポートを行い、大学生のアシストのもとで一つの番組を完成させるというプロジェクトだ。今回は、東小学校で行われた国際交流授業について、小学校六年生二人がリポートするのを大学生がサポートして、番組にまとめた。ブルガリアの民族舞踊を踊ったり、留学生が行った授業の中でキリル文字を書いてみたり、ブルガリアの伝統工芸・マルテニツアを作ってみたりする様子をまとめたものだ。番組は、第77回多摩探検隊『東小学校子ども放送局 ブルガリア国際交流授業リポート』として放送された。私は番組プロデューサーとして、企画を立ち上げる段階から制作に関わっていた。

企画があがったとき、私はディレクターと一緒に頭を抱えていた。「国際交流授業といってもどこにでもある単なる授業じゃないのか。それをどう描いたら番組にできるのだろう・・・」。そんな不安が浮かんでいたからだ。どんな番組にするか、何度も議論を重ねたが、不安は一向に解消されないまま、本番当日を迎えてしまった。

本番当日。朝早くから、沈んだ面持ちのまま、私たちは東小学校に入っていった。しかし、民族舞踊、ブルガリアからの留学生の授業と撮影を進めていくうちに、どんなときも子どもの笑顔が耐えないことに、驚かされることになった。

初めて踊るブルガリアの民族舞踊。それを前にして、子どもたちは往左往していた。踊っているうちにどうしても足がもつれてしまう子や、転んでしまう子もいた。それでも、その表情からは、子どもたちが本当に楽しんでいることが分かった。授業のときには、留学生がおもむろに一本ずつ綿棒を配り始めた。そして、その綿棒を嗅いでみるように言う。番組のリポーターを務めた女の子二人もおそるおそる鼻に綿棒を近づけた。すると、そこからは、ブルガリア産のバラの香りがした。「うわっ、いい香り」。リポーター2人がカメラの前で見せた顔も、また笑顔だった。

撮影を通して、そのたくさんの笑顔を見ているうちに、私はハッと気が付いた。「自分は、番組ができるかどうかの不安を抱えているばかりで、本当に大切なことを忘れてしまっていたのではないだろうか・・・」と。そして、私はディレクターと話し合って、番組では子どもたちが心の底から楽しむ姿をそのまま伝えよう、と決めたのだ。それから、小学生と考えた番組の軸を元に、わたしたち大学生が番組を仕上げる作業に取り組んだ。夜遅くまで、ディレクターが編集したVTRを、私が見て意見を言い合う日々が続いた。そして、何とか番組を完成させ、多摩探検隊として放送することができた。

番組制作を終えた今、私は「今回の子ども放送局で教えられたのは、むしろ私のほうだったんじゃないか」と思っている。形にとらわれすぎて、本当に伝えるべきもの、そして心の底から楽しむことを忘れていた。そんな私に、子どもたちの笑顔が、どんな時もまっさらな心で楽しむことの大切さを教えてくれたのかもしれない。

これからの人生のなかで、私はいくつもの壁にぶつかるだろう。それは、今回の子ども放送局で私が抱えた不安より何倍も大きなものなのかもしれない。しかし、それでも子どもたちが教えてくれた、心の底から楽しむことの大切さだけは忘れないようにしよう。東小学校の子供たちのいくつもの笑顔を思い出しながら、私はそう誓っている。
[PR]

by tamatanweb | 2011-01-01 00:00 | 昭島子ども放送局

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 子ども放送局で見つけた魅力 ~学校の勉強だけでは教えられないこと   

総合政策学部 国際政策文化学科 3年 安田亮介

私は、第七七回多摩探検隊「東小学校子ども放送局 ブルガリア国際交流授業リポート」でディレクターを務めた。二〇一〇年二月一八日、東京都昭島市立東小学校でブルガリアについて学ぶ国際交流授業が行われた。番組では、小学六年生の二人のリポーターの女の子がブルガリアからの留学生たちとふれあい、国際交流をする様子を取り上げた。

取材当日。授業が始まり、いよいよ撮影開始だ。子どもたちがカメラの前に立ち、「ブルガリアの民族舞踊を踊ってくれています」とリポートを始めた。その様子を見ていた私は、あまりのリポートの上手さに驚いた。笑顔やアイコンタクトがとても印象的だった。初めのうちは緊張しているようで、上手く言葉が出てこないこともあったが、慣れていくうちにだんだんと自然にリポートも出来るようになった。そんな様子を見て、私は、彼女たちは飲み込みの早い、何でもこなせる子どもたちなのかと思っていた。

ところが、番組制作を通してお世話になった東小学校の校長先生から、後日このようにうかがった。

「リポーターのうちの一人は、学校の勉強が、あまり好きな子どもではないんです。なので、しっかりとリポートができるか担任の先生と心配したこともありました。今回子ども放送局をやり遂げたことは、彼女たちの自信になったようでした」

私は、その話を聞いて、びっくりした。落ち着いた声で、笑顔を浮かべながらリポートする姿を見ていると、とてもそういう一面をもっているようには思わなかったからだ。学校の勉強とは違う才能が見られた瞬間だったかもしれない。そんな才能を発揮することが出来るという一面も、子ども放送局の魅力であると実感した。私は、その魅力が少しでも伝えられるよう、番組をまとめようと決めた。

リポーターを務めた児童たちは、六年生だった。何とか三月の卒業式までに番組を完成させ、DVDに収めて彼女たちに渡したい。そこから、連日連夜の編集作業が始まった。そして、三月には何とか番組を完成させることができた。

三月二四日。私は番組のDVDを片手に、卒業式へと向かった。学校に到着し、そのDVDをリポーターを務めた女の子二人に渡すと、彼女たちは、「ありがとう!」ととびきりの笑顔で応えた。

その笑顔を見て、私の努力が少しだけ報われたような気がした。せめてこの経験が少しでも彼女たちの今後の人生の糧になってくれたらと思う。彼女たちは、卒業証書とDVDを握りしめながら、桜咲く道を走りぬけて行った。その後ろ姿は、前よりほんの少しだけ大きく見えた。
[PR]

by tamatanweb | 2011-01-01 00:00 | 昭島子ども放送局