無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 わさび職人の笑顔に支えられて   

法学部 政治学科 2年 村松 拓



二〇一〇年十一月に放送された、第七十九回多摩探検隊『奥多摩のわさび職人』。これは、わさびの名産地である奥多摩で、約五十年に渡りわさび栽培を続ける職人、千島国光さんを追った十分間のドキュメンタリー番組である。わさび作りが生きがいだと語る千島さんは、七十七歳でありながら、山奥にあるわさび田に毎日通い続けている。私は二〇一〇年の夏から秋にかけて、ディレクターとしてこの番組を制作した。しかし、一つだけ普通の番組制作とは異なることがあった。

番組を制作する際は本来、題材を探し、取材を進め、撮影を行うことから始める。しかし、この番組の場合、映像のほとんどが先輩によって既に撮影されたものだったのだ。取材や撮影が大きく省かれた反面、私は本来とは違うプロセスで番組を制作することに強い不安を覚えていた。「初めて作る番組なのに、ちゃんと完成させられるだろうか」。そう思いながら、番組制作は始まった。

二〇一〇年八月。セミの声がしきりに響く中、私は奥多摩の山道を登っていた。千島さんの所へ行き、足りない映像を撮影させてもらうためだ。十五分ほど歩いて、小さなわさびの直売所に着くと、一人のおじいさんが私を迎えてくれた。モニターの中で何度も目にしていた千島さんだ。手際良く作業する姿は、映像で見るよりもさらに元気そうに見えた。

早速、事情を説明し、お店の撮影をしていると、千島さんが奥から一本のわさびを持ってきた。誇らしげに掲げられたそのわさびは、とても大きく、まっすぐで、眩しい黄緑色を放っていた。千島さんのわさびは、品評会で過去に何度も入賞しているという。「すごいでしょ」。千島さんが満面の笑みを浮かべながら言った。それはまるで、手塩にかけて育てた我が子を見る父親の笑顔のようだった。私はその時、初めて心の底から「この職人のわさび作りに対する愛情を伝えたい」と思えるようになっていた。

撮影が終わると、編集作業が始まった。初めての作業ばかりで、ひどく苦戦した。何度も先輩に相談しながら構成を考え、大学に一人通っては、冷房も効かない部屋で編集する日々が続いた。あまりの暑さに集中できない日もあった。一日中土砂降りで、家から出たくない日もあった。それでも、私は千島さんの情熱を形にすべく、毎日のように大学に通っては、編集用のパソコンと向き合った。

一通り編集を終える頃には、秋学期が始まっていた。そして、すっかり涼しくなった十月中旬、ようやく番組が完成した。

編集に明け暮れた日々を思い返せば、どれも辛かったことばかりだ。しかし、私が諦めずにここまで努力できたのは、ひとえに千島さんの生き生きとした笑顔に触れたからだと思う。今でも辛いことがあると、完成した番組をつい見返してしまう。たった十分間のドキュメンタリーを見る度に、父親のような職人の笑顔が甦る。その笑顔が、それとなく自分を勇気づけてくれている気がするのだ。
[PR]

by tamatanweb | 2011-03-01 00:00 | 制作日誌

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 「子ども放送局」というきっかけ ~小学生と大学生が二日間で得たもの~   

法学部法律学科 2年 日野愛音

二〇一〇年十一月。私は、二日間にわたり、昭島市立つつじヶ丘南小学校の児童十二名と「昭島子ども放送局」を行った。子ども放送局とは、小中学生が自分の住む街を紹介する番組を制作し、地域の魅力を再発見しようというものだ。子供たちが取材、企画、撮影、編集をして、私たち大学生は、子供たちの活動をサポートする。私はプロデューサーとして、この子ども放送局の統括を行った。

今回番組では、昭島市で毎年行われている、昭島市産業まつりをリポートした。今年で六年目になる「昭島子ども放送局」では、過去に何度か昭島市産業まつりを取り上げてきた。そのため「どうやって番組に新鮮さを持たせるか」ということが、大きな課題だった。先生や他のゼミ生にも相談しながら、何日も考えた。そして出した結論は、「子どもの年齢を下げる」というものだった。今まで一緒に活動してきたのは、小学校高学年の子どもが中心だ。そこに小学校三年生の子どもも加えて、一緒に番組を作ろうと考えたのだ。

それから小学校の先生方と何度も相談を重ねた。子ども放送局のプレゼンテーションや打ち合わせをして、小学三年生の子どもとも一緒に活動できることになった。こうして、六年生八名、三年生四名の合計十二名と行う、子ども放送局が始まった。

撮影当日、子どもたちと初対面した。子どもたちはみんな笑顔で挨拶をしてくれたが、その中に一人、表情が硬い子どもがいた。小学三年生の女の子だった。彼女は撮影前の話し合いでも、みんなの意見を聞いているだけで、自分の考えを発言していなかった。私は、「せっかく参加してくれたのだから、この二日間を彼女のためになるものにしてあげたい」と思い、積極的に彼女に話しかけた。彼女は「撮影を頑張りたいけれど、話すのが苦手なので不安なんです」と言っていた。そこで、私は彼女と一緒に何度も練習して、本番に備えた。

そして、彼女がリポートする番になった。私は少し不安だったが、カメラを向けると、その心配もすぐに無くなった。彼女は初めてとは思えないほど、上手にリポートしてくれたのだ。「すごく上手だよ」と褒めてあげると、彼女は「やったー!」と嬉しそうにほほ笑んだ。その瞳はキラキラと輝いていた。撮影が終わる頃には、彼女は、仲間のリポートにアドバイスしてあげるようにまでなっていた。彼女を含め、子どもたちは、より良い番組を作ろうと一生懸命だった。その姿を見ていると、私も「子どもたちがあんなに一生懸命なんだから、もっと頑張らなきゃ」と、さらに撮影に力が入った。だんだんみんなの気持ちが一つになっていったような気がした。撮影が終わると、子どもたちから自然と拍手が湧いた。その中で一番大きな拍手をしていたのは、始めは誰よりも自信がなさそうだった、あの女の子だった。他の子に「お疲れさま」と声を掛ける彼女の表情は、達成感に満ち溢れていた。

撮影から二週間後には、撮った映像を編集した番組の上映会を行った。上映会には、子どもたちの担任の先生や保護者の方々にも来ていただいた。上映中には、笑い声と感嘆の声があがり、最後は教室中が大きな拍手に包まれた。三年生の担任の先生も「三年生でもこんなに上手にリポート出来るなんて、驚きました」と、感動していた。始めは自信がなさそうだったあの女の子は、その様子を誇らしげに見ていた。その姿は、初めて出会った二週間前よりも、一回りも二回りも大きく見えた。

そして別れの時、女の子は私のもとに駆け寄ってきて、満面の笑みでこう言った。「二日間を通して、自分に自信を持てるようになったよ。子ども放送局に参加して本当に良かった。ありがとう」。その言葉に、私は涙を止めることができなかった。子ども放送局が、彼女の成長のきっかけとなった。そして、プロデューサーとして、私がそのきっかけを与えることができた。それが何よりも嬉しかった。それに私も彼女から教えてもらった。あきらめずに何度も挑戦することの大切さ、苦手は乗り越えられるのだということ。小学生をサポートするつもりが、私のほうが、学ばせてもらった二日間だったかもしれない。彼女たちに出会えたことを幸せに思った。

子どもたちは家に向かって歩きながら、何度も後ろを振り返り、手を振ってくれた。「この二日間で得た自信が、彼女たちの心の中でいつまでも生き続けますように」。そう思いながら、夕日に消えていく子どもたちの背中を、私はいつまでも見つめていた。
[PR]

by tamatanweb | 2011-03-01 00:00 | 昭島子ども放送局