無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 番組制作の先にあるもの ―八王子市のシイタケ農家を追って―   

総合政策学部政策科学科4年 香月理子



今回私は、第九五回多摩探検隊のディレクターを務めることになった。卒業制作でもあるので、番組プロデューサーと慎重に話し合った結果、「八王子のシイタケ」を題材にすることになった。

私たちは早速、原木栽培で有名な斉藤椎茸園を訪ねた。すると、奥さんがシイタケのホイル焼きをご馳走してくれた。しかし、実は私はシイタケが苦手だった。シイタケのあの独特の香りがダメなのだ。私は思い切ってシイタケを口に入れた。「あっ、おいしい!」と思わず叫んでいた。嫌だと思っていた香りが心地よく、じんわりうまみが口の中に広がっていく。シイタケをこんなにおいしいと感じたのは初めてで、本当に衝撃的だった。その瞬間、斉藤さんの作る原木シイタケを番組で取り上げなければ、という使命感が湧き上がった。

こうして私は、学生生活最後の番組制作に取り掛かった。しかし、いきなり大きな壁にぶちあたった。それは、番組の起承転結の"転"をどう描くかということだ。"転"には、斉藤さんのシイタケ栽培の中での苦労を取り上げるつもりだった。ところが、斉藤椎茸園の苦労は、まさに今だったのだ。

原木栽培では、原木の質によってシイタケの質も左右される。そのため、よりおいしいシイタケを作るためには、良質な原木が必要なのだ。しかし、二〇一一年の東日本大震災の津波の影響で、良質な原木が被害を受け、入手しづらくなってしまったのだ。いつもは笑顔が印象的な富次さんだが、そのことを話す時の表情は曇っていた。今までの斉藤椎茸園の歴史の中で、今が一番の苦労時なのだということが、表情からも伝わってきた。どうしようもない壁に直面しながらも、それを乗り越えようとする斉藤椎茸園の今の姿を伝えたい。私はそう思ったのだ。

だけれども、地震による原発事故の影響で、日本の農作物全体が風評被害に悩まされているこの時期。これはかなりデリケートな話題だ。番組の伝え方によっては、「八王子のシイタケ」の風評被害に繋がりかねない。この問題は、私と番組プロデューサーの間で議論した。この苦労を取り上げるのか、否か、また取り上げるとしたら、どう映像で表現するのか...―。納品三日前で、精神的にも時間的にも追い詰められながら、朝まで議論は終わらなかった。

納得いくまで話し合った結果、私たちはこのことを取り上げず、別の苦労話に差し替えることにした。どう表現したとしても、視聴者の誤解や不安を生み出してしまうのは免れないと判断したからだ。

しかし、番組が完成した後も、私にはもやもやとした感情が残った。私の力不足で、本当に伝えたかったことが伝わらない番組になってしまったのではないか。私のしたことに意味があったのか。そんな不安が私の心をよぎった。そんなことを考えているうちに、放送月の三月を迎えた。そして、斉藤さんから、番組を見たとの連絡が入ったのだ。

「すごくわかりやすくまとまっていました。嬉しくてたくさんの人に電話してしまいましたよ」という喜びの電話だった。その言葉を聞いた時、気持ちがすっきりするのを感じた。今回番組を制作し、悩み苦しみ、投げ出したいと思ったこともあった。でも、最後まで制作したことで、取材対象者を励まし勇気づけることに繋がった。ちゃんと意味があったのだと、心から思えた。

これから私は大学を卒業し、社会人としての一歩を踏み出す。その中で、自分の思い通りに行かないことや、理不尽なこと、どうしようもない壁にぶつかるだろう。しかし、私には最後までやりきった経験、悩み抜いた経験がある。これは何事にも代えがたい貴重な経験であり、私の自信の源だ。これさえあれば、どんな壁でも乗り越えていける気がする。ゼミ活動の最後に、このゼミや番組制作の意味にも気づくことができた。この松野ゼミで活動してきた四年間。たくさんの人に出会い、多くの番組を制作してきた。その一つ一つの経験と出会いを、この先も忘れず、大切にしていこうと、心に誓った。
[PR]

by tamatanweb | 2012-05-01 13:00 | 制作日誌

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 卒業制作「八王子シイタケ」を通して ―大学生活の最後に出会ったもの―   

総合政策学部政策科学科4年 渡邉恭子


 
私が所属するFLP松野良一ゼミでは、卒業制作として、毎年四年生が「多摩探検隊」の三月放送に取り組むことになっている。今年も例外ではなく、四年生が映像制作を行うこととなった。そして、私は番組プロデューサーとしてこの活動に関わった。

多摩地区の特産物についての番組を作りたいと思い調べてみると、東京都八王子市は、都内でシイタケの生産量が一位であることがわかった。シイタケは寒い地域で育ちやすい。そのため、寒暖差の激しい八王子市はシイタケ栽培に適しているのだ。そこで、私たちは八王子市のシイタケを取り上げることにした。

さらに、八王子市のシイタケについて調べを進めてみると、八王子市のシイタケの九割は、全国では二割程度しか採用されていない「原木栽培」で生産されている。「原木栽培」とは、自然に育ったナラやクヌギなどの木に、菌を植え付けて栽培する方法である。自然の状態で育てるため手間がかかるが、香り豊かで弾力のある美味しいシイタケができる。その八王子市のシイタケ農家の中でも、創業四六年という長い歴史を誇る「斉藤椎茸園」の存在を知った。「斉藤椎茸園」は、過去に「東京都知事賞」一〇年連続受賞という輝かしい実績を持つ農家だ。現在は、一代目の一作さんの後を引き継ぎ、二代目の富次さんが中心となって、専業農家として家族四人でシイタケ栽培に励んでいる。全国的に農家の数が減っている中、今でも家族全員で支え合っている農家は少ない。「シイタケに対する並々ならぬ熱意があるに違いない」と思い、取材をするため、実際に斉藤椎茸園を訪れた。

話を伺ってみると、やはり色んな苦労があることがわかった。特に近年は、中国産の安価なシイタケが大量に輸入されるようになり、売上が伸び悩むようになっているそうだ。それでも、「たくさんの人に原木栽培のシイタケのおいしさを知ってもらいたい。味には自信があるんです」と、富次さんは熱く語ってくれた。

話を伺ってみると、やはり色んな苦労があることがわかった。特に近年は、中国産の安価なシイタケが大量に輸入されるようになり、売上が伸び悩むようになっているそうだ。それでも、「たくさんの人に原木栽培のシイタケのおいしさを知ってもらいたい。味には自信があるんです」と、富次さんは熱く語ってくれた。

逆境にも負けず、シイタケ栽培に誇りを持って挑戦している斉藤さん一家の熱意や家族の絆を伝えたい...―。私たちはこのテーマで番組制作を行うことにした。番組では、リポーターが斉藤椎茸園でシイタケ採りに挑戦し、その場で、ほくほくの焼きシイタケを試食する。そして、リポーターが家族四人と交流し、話を聞き、原木シイタケの魅力と生産者のシイタケに対する熱い思い、斉藤さん一家の絆を描いた。

また、さらに取材を進めていくと、二代目の富次さんが婿養子だということがわかった。婿に入った当初、富次さんはサラリーマンだったというが、ある日退職し、シイタケ農家を継ぐ決心をしたのだと言う。

富次さんは、当時のことをどう思っているのか。そう思った私は富次さんに尋ねた。
「サラリーマンは、収入は安定してるけど、僕じゃなくてもいい仕事です。それに家族に働いている姿も見せられず孤独でしょう。その点、シイタケ栽培は家族全員で仕事ができる。自分が必要とされていることを心から実感できるんです。それに、収入についても、自分の頑張りがそのまま反映されるのでやりがいがある。この道を選んで本当に良かった...」

笑顔でこう語る富次さんの目に迷いはなかった。そういう質問をしたことの方がむしろ恥ずかしかった。大学生活最後の取材で出会った斉藤さん一家から、私は大切なことを学んだ。世の中には多種多様な生き方があり、何を大切にして生きていくかは、人の価値観によって変わっていくものだということを。

大学四年間、多摩探検隊の取材で多くの人に出会い、沢山の人生に触れてきた。普通に大学生活を送っていれば、同年代の友達としか出会えなかったけれど、取材という活動を通して、当然ながら比較的幅広い年齢の方々の人生模様を知ることになった。多種多様な人生を歩んできた様々な人々から、「数ある人生の選択肢を自分の納得のいくように進むべきだ」という、生きていくためのヒントをもらってきたような気がする。

挫折や苦労を乗り越えて、何か一つでも誇れるものがある人の姿は、私にはいつもまぶしすぎるくらいだった。私はこの春、大学を卒業し、就職する。大学生活におけるいろんな出会いを誇りにして、これからまた、長い人生を歩んでいこうと思う。
[PR]

by tamatanweb | 2012-05-01 00:00 | 制作日誌