無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2012年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 「お台場学園放送局」で学んだこと   

経済学部国際経済学科三年 藤澤明日香
 
二〇一二年三月、港区立小中一貫教育校のお台場学園で、「お台場学園放送局」が行われた。「お台場学園放送局」とは、お台場学園の中学校二年生が、学校紹介を行うテレビ番組を制作するというプロジェクトだ。このプロジェクトは「テレビ番組をつくろう」という中学二年生の国語の単元の学習をするために計画された。中学生が、取材・構成・撮影・リポートを行い、一本のテレビ番組を作った。私はTA及びディレクターという立場で、中学生たちのサポートをすることになった。

今回、私の担当した班の生徒たちは、「図書ゾーン」を紹介することになった。他の学校にある図書室とは違い、お台場学園の図書館は廊下との間に仕切りやドアがないため、「図書ゾーン」と呼ばれていて、小学生、中学生共同で使う広い共有スペースなのだ。そのため、机や椅子もゆとりをもって置かれ、蔵書も幅広く、小中一貫校ならではの素晴らしい設備が整っている。生徒たちにも大変好評だと聞いた。

授業中私は何度も「さあ、どんどん意見を出してね!」と私は呼びかけたが、なかなか返事が返ってこなかった。恥ずかしがってもじもじしている子、うつむいている子、ひそひそ話をする子。今どきの中学生独特の空気が、そこには漂っていた。それでも、何回かお台場学園に通い、昼休みに一緒に給食を食べながら話したりしているうちに、次第に生徒と打ち解けていった。

だんだんと生徒から意見が出るようになり、班での話し合いができるようになった。しかし一人の男の子(A君)だけ、何も意見を言っていないことに気がついた。活動に興味がないのかと私は心配になり、聞いてみると、どうやら、A君は図書ゾーンに行くことが少なく、何をどうリポートすればいいのか分からないということだった。そこで私は、A君が話し合いに参加できるように、なるべくA君に「どう思う?」とか、「どうしようか?」などと、話しかけることを心がけた。すると、ずっと黙っていたA君が「小中一貫校ならではの図書ゾーンの利点は何かあるのかな?」と、ぼそっと言った。「あっ!そうだね。それを考えてみようか?」。私がそう言うと、「じゃあ、僕行ってみる」と言うのだ。休み時間になると早速、A君は図書ゾーンに行き、そこで気がついたことや感じたことをメモし始めた。最初はおとなしく引っ込み思案に思えたA君だったが、その日から、人が変わったように積極的に意見を出してくれるようになった。

そして、いよいよ迎えた撮影日。最初は、リポートが早口になったり、カンぺをうまくめくれなかったりと、歩調がかみ合わず撮影は難航した。しかし、生徒同士で互いにアドバイスするなどして、徐々に撮影はスムーズに進むようになっていった。私が気になっていたA君はというと、最初ADとして、カメラのコードを持ったり、カンペをめくったりして、裏方の仕事を中心に黙々とやっていた。が、次第にカメラ本体にも興味を持ち始め、「このスイッチは何?」など、疑問に思ったことをTAに質問したり、リポーター役の子の練習に付き合い「この言い回しのほうが分かりやすいんじゃないかな」と、前に出てきて意見を言ってくれるようになった。楽しみながら撮影に取り組むA君を見て、人が変わっていく瞬間に出会えたことに、私は大きな感動を覚えていた。ちょっとした言葉かけ、ちょっとしたきっかけで、人は大きく変わっていく。言葉の持つ力の大きさ。子ども達が持っている限りない可能性。それらを少しでも引き出せたのではないか...―。私も彼らも、一歩前へ踏み出せたような気がした。

撮影した映像の編集を終え、最終日の上映会。教室は満員だった。番組紹介をしている彼らは、初日に比べるととても堂々としており、一回り大きく見えた。そして上映が始まると、普段一緒に過ごす仲間たちが校舎をリポートし、先生にインタビューしている様子を見て、大きな笑いが何度も起きた。そして最後には、多くの人が大きな拍手を送ってくれた。

上映会を終え、班の生徒たちが、私のところに一斉にやって来てくれた。「楽しかった!」「もうこの活動は終わりなの?」と、口々に言う。そして、あのA君も、少し遅れて私のもとへ駆け寄ってきた。そして、「楽しかった!またやりたい!」と弾けるような笑顔で言ってくれた。そして、このプロジェクトに参加出来て本当によかったと、心から思った。

活動が始まるまで、私にはうまくできるだろうかという不安しかなかった。実際、対象が中学生ということで、難しいことも多かった。でも今、私の心の中は、やり遂げた充実感と彼らへの感謝の気持ちでいっぱいだ。

A君たちが教室へ元気いっぱいに帰る後ろ姿を見ながら、「ありがとう!」と私は心の中で呟いた。
[PR]

by tamatanweb | 2012-09-01 00:00 | その他

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 お台場の中学生と過ごした五日間   

文学部人文社会学科社会情報学専攻三年 関彩花

私達松野ゼミでは、「子ども放送局」という活動を行っている。「子ども放送局」とは、小学生たちが、大学生たちのサポートの下、取材・撮影・リポートを自分たちで行い、番組を制作するというプロジェクトだ。

今回、東京都港区港陽中学校から、その活動を国語の授業の一環として、生徒に映像制作をさせたいというオファーがあった。今まで一般の小学校や養護学校などで活動してきたが、中学校は初めてだった。しかも今回は、教育活動の一環として、しっかりとカリキュラムに組み込まれる。もちろんそういう意味で、教育目標が設定され、成果も期待されているわけだ。今までの「子ども放送局」とは違って、明らかに私達が背負っている責任は大きかった。そしてこの活動は、私にとって初めての「子ども放送局」だった。

私達大学生は、TA(ティーチング・アシスタント)として、中学生のサポート役を務める。私達に与えられた時間数は八コマ。その中で、番組の構成作り・取材・原稿作成・撮影、そして上映までを行わなければならない。時間に余裕はなかった。ここまでの作業行程を、四五分ほどの授業時間内で出来るのか、期待通りの成果が出せるのか、重圧と不安で押しつぶされそうだった。

 

テーマは『学校紹介』。五つの班に分かれて、図書ゾーン、プール、調理室、校長室など、学校の様々な場所を紹介する。早速、班ごとに分かれて事前取材の内容や撮影で話す原稿を作り始めた。しかし、中学生たちはとても大人しく、なかなか口を開いてくれない。普段の授業でもあまり発言をしないのに、カメラの前では一体どうなってしまうのだろうか...―。大きな不安が残る中で、一日目の授業が終わった。どうしたら生徒たちは話をしてくれるようになるのだろうか。悩んだ私は、自分の今日の活動を振り返ってみた。すると、私ばかりが一方的に、作業内容について話していたことに気がついた。生徒たちが無口だったのは、生徒同士で話し合う時間を設けていなかったからではないか。それに、授業だという思い込みから、話がかたくなっていた。私達が伝えるべきは、この活動の楽しさなのだ。そう思った私は、次回から作戦を変更した。

翌日、まず私は、「テレビ番組を作れるってすごいことだよ!」と、自分の今までの体験を話した。そして、班ごとの話し合いが始まると、思い切って生徒たちだけでディスカッションするよう促した。

「この中学校のことを視聴者に分かってもらうには、何を話せばいいかな?」

私は、生徒たちに問いかけた。すると、一人の生徒が中心となり、全員で話し合いながら質問事項を考え始めたのだ。初日は全く口を開いてくれなかった男子生徒も、自分たちがカメラの前で話す台詞を考え、発言している。昨日のことが嘘のように、その生徒の口からするすると言葉が出てくるのを聞いて、コマが回り始めたのを確信した。「よし、いける!」。そう思うと、自然に笑みがこぼれた。

そして、いよいよ撮影の日を迎えた。生徒それぞれが、キャスター・D(ディレクター)・カメラマン・AD(アシスタント・ディレクター)の役につき、撮影を行った。大きな声で指示を出すDやハキハキと笑顔で話すキャスター、画面に意識を集中させるカメラマンに、カンぺをめくるAD。全員がそれぞれ自分の役割を全うしているその姿に、私は胸を打たれた。初めは消極的だった生徒が、少しずつ積極的に発言をするようになり、こうしてカメラに向かって笑顔で話している。私が思っていたよりも、中学生はしっかりと自分の意思を持っていた。生徒たちを信頼し、任せることで、彼らが持っている力を十分に発揮させることができた。少しは責任が果たせたかな...-。そう思うと、心が晴れ晴れとした。

「お台場学園放送局」を終えて、一番強く感じたのは、人を動かすことの難しさだった。でも、動かすのは人ではなく、心であった。そして、そこでなにより大切なのは、「人と人との信頼関係」であり、「心を動かす言葉を持つ」ということだった。今回の活動によって、大切なことを学んだのは、むしろ私のほうであった。

最終日、上映会を終えて、魂が抜けたようにぼんやり立っていた私のところへ、同じ班で活動した一人の女子生徒が駆け寄ってきた。そして、「この活動が本当に楽しかったからお別れするのが寂しいです。良い思い出になりました。ありがとうございました」とぺこりと頭を下げた。思いがけない感謝の言葉に、目頭が熱くなった。五日間という短い期間だったが、大学生と生徒たちとの間に、絆が生まれていたのかもしれない。

最初は私自身初めての子ども放送局で何をどうすればよいのか分からず、戸惑いばかりだった。そして毎朝ラッシュ時の電車に乗り、多摩からお台場まで通う足取りは重かった。しかし、最後に彼女が私に掛けてくれた言葉を聞き、「今回の授業で得たことが、どこか彼女の心の中に残り続けていってくれるかもしれない」と思うと、この活動の意義がしみじみと胸にしみてきた。その女子生徒の活き活きとした笑顔は、初日からは想像もできないほど輝いて見えた。そのキラキラした笑顔を胸に刻み、私はお台場を後にした。
[PR]

by tamatanweb | 2012-09-01 00:00