無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 伝説の野菜がつなぐ、人の絆   

商学部商業貿易学科二年 三橋真紀子



私は今回、第九九回多摩探検隊「伝説の『のらぼう』を追う」のリポーターに思いがけず抜擢された。リポーター志望ではなかったので、まさか自分が...との思いが強く、「どうしよう。どんな風に話せばいい。出身地の福岡のなまりが出ないだろうか。うまく笑顔が作れるだろうか...」と、いろいろな思いが交錯して、最初はひたすら混乱した。そもそも「のらぼう」という言葉すら聞いた事が無い。野菜だということすら、知らなかった。そんな何も知らない私が、「のらぼう」の魅力を伝えることが出来るのか。むしろ私を通すことで、のらぼうの魅力が伝わらなくなってしまうのではないかと、大きな不安でいっぱいだった。

しかし、ディレクターやクルーと何回も会議を重ねていくうちに、「のらぼう」に少しずつ愛着が湧いてくる自分がいた。特に、「武蔵五日市にしかない『のらぼう』がある。二四〇年も前から、地域の人々に愛され続けている。その野菜が現在、地域活性化に役立っている。そのことを伝えたい」というディレクターの熱い想いを聞く度に、私も、「のらぼう」を多くの人に知ってほしい、その良さを伝えたいと思うように、自然となっていった。

そして迎えた撮影当日。春の日差しに、冬の空気がただよう武蔵五日市。「のらぼう」生産農家の樽(たる)さんにお会いした。とても気さくな方で、私の緊張もほぐれていった。樽さんへのインタビューは、番組の中では一番大切な骨格だった。「のらぼう」作りの伝統を守り続ける当事者であり、その熱い思いを伝えることが、ディレクターの願いであった。樽さんは、私と二人で話しているときに、笑顔でこう言ってくれた。

「『のらぼう』作りは代々受け継いできたもの。自分が作ったものを配ることで、みんなが喜ぶ。その笑顔が見たいから、やはり『のらぼう』作りはやめられない」と。

「のらぼう」の歴史と生産者の樽さんの熱い思いを、私も伝えたいと思った。しかし、いざカメラが回り、インタビューが始まると、樽さんは口ごもった。なかなか言葉が出てこない。「落ち着いてくださいね。もう一回やりましょう」と、何回かチャレンジしたが、うまくいかない。私も焦ってきた。ディレクターの額にも汗がにじむ。しかし、その時、決められた台詞を投げ掛けるだけの私のやり方がだめなのだ、と気づいた。樽さんのあの言葉は、私と樽さんとの、何気ない会話の中で引き出せた「真実の想い」だった。そして、最後にカメラが回り出したとき、私は樽さんとの会話を楽しもうと決心した。

型にはまった質問ではなく、自分の言葉で樽さんに話しかけた。すると樽さんも、私と二人で話していた時のように、自然と言葉がすらすら出てくるではないか。さっきのように、素直な飾らない言葉が...。「やった!」。私はインタビューしながら、こみ上げてくる熱い思いを、そして緩みそうな涙腺を必死でこらえた。

リポーターをやってみて、気づいたことが二つあった。一つは、リポーターはただのディレクターの代弁者ではないこと。リポーター自身が、取材対象の深い心情や思いを理解しなければ、コンセプトは絶対に伝わらない。まず、取材対象と信頼関係を構築し、相手の本音を知り、思いを引き出すことが大切なのだ。二つめは、リポーターは番組の要だということ。取材者の本当の思いを引き出せるかどうかは、リポーターの腕にかかっている。今回このことを特に強く感じた。やりがいのある仕事だった。やって良かったと心から思った。

実家がある福岡を離れ、遠い東京、多摩の地に来てから一年。たとえリポートとはいえ、こんなにひたすら同じ野菜を食べ続けることになろうとは、考えもしなかった。けれど、嫌いだったわさび醤油も、「のらぼう」のおかげで、おいしいと思えるようになった。本当に出会いとは不思議なものだ。三月に行われた子生神社の「のらぼうまつり」を取材した際に、「この町は『のらぼう』でつながっている。『のらぼう』を守らなければ、町自体が廃れてしまう。今ある交流も、一緒に無くなる。なんとかそれを阻止したい」という町の人々の思いを聞いた。この思いがつまった祭りによって、私のようにまた新しい出会いがあり、新しい繋がりを広げていけることだろう。思いが強ければ強いほど、願いは叶うものだと思った。

この五日市で、私はたくさんの人に出会った。出会った人からそれぞれの「熱い思い」を感じてきた。そのことで、「のらぼう」が二四〇年もの間繋いできた人々の絆の一端に、私も少しだけ関われたような気がする。心の中に灯を灯すような、温かな出会いだった。こういう縁を大切にしながら、これからも「多摩探検隊」の活動を頑張っていこうと心に誓った。
[PR]

by tamatanweb | 2012-10-01 00:00 | 制作日誌

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 多摩に伝わる「伝説の野菜」を追いかけて   

経済学部国際経済学科三年 照井将人



天明・天保の飢饉から人々を救った「伝説の野菜」が、多摩にあるのをご存じだろうか。東京都あきる野市の特産品の一つである「のらぼう」がそれだ。名前からはどういう物か想像できないだろうが、菜の花(アブラナ)の一種で、鮮やかな緑色をした早春の野菜だ。あきる野市小中野の子生(こやす)神社には、「野良坊(のらぼう)菜(な)の碑」が立てられている。石碑に残るヒーローのような野菜に、私は心惹かれた。これをぜひ取材したい。そう思った私は、五日市地域の「のらぼう」を題材に、「多摩探検隊」の企画を考えることにした。

まず、私は、「のらぼう」に関する情報を集めることにした。すると、「のらぼう」はあきる野市に留まらず、東京都をはじめ数都県で生産されていることがわかった。さらに、名称が「のらぼう」ではないが、かなり類似する野菜が存在することも判明した。他の地域の「のらぼう」や、類似の野菜とどうやって差別化すればいいのだろうか...。更に、「多摩探検隊」では、多摩に伝わる食べ物は相当数が取材済みで、過去の放送で食べ物を扱ったものも少なくない。ただの特産品紹介やPRで終わるのではないか...。私はそんな不安を抱えつつ武蔵五日市駅行の電車に乗った。とにかく、現地の人の声を聞こうと思ったのだ。

初めに訪れたのは、五日市郷土館。そこの職員の方に伝説の野菜の歴史を伺った。すると、「のらぼう」は地中海原産で、オランダの植民地であるジャワ島を経由して日本に伝わったということが分かった。最初は「ジャバナ」と呼ばれていたそうだ。では何故地中海からジャワ島を経由して、多摩の地にやって来たのか...。

それは江戸時代、幕府代官伊奈(いな)備前(びぜん)守(のかみ)が、名主を呼んで農民にジャバナの種を配布したことに始まるという。それが結果的に、あきる野市の厳しい気候、痩せた土地にも耐え、他の作物が不作だった年にもしっかりと収穫でき、飢饉の時にも、農民を飢えから救った。領主のアイデアと決断。栽培を試み、成功させた領民。結果的に、「のらぼう」は、飢饉のときにも村を救ったのだった。この多摩の地で、二四〇年前にそういうドラマがあったことに、私は驚くと同時に、感動を覚えた。

次に、五日市郷土館から紹介してもらった「のらぼう」生産者である樽(たる)良(りょう)平(へい)(七九歳)さんの自宅を訪ねた。樽さんは、幼少時代から父の農作業を手伝い、「のらぼう」の栽培に携わって七〇年以上になるという。早速、実際に「のらぼう」の畑に出向き、その栽培方法やご苦労について、お話を伺った。

「のらぼう」は種まきから収穫まで、すべて手作業で行われる。樽さんは「こうして摘み取るんですよ」と言って、、茎の根元をつまんで、手慣れた動作で、一枚ずつていねいに摘み取っていく。私も見よう見まねでチャレンジしてみたが、すぐに腰が痛くなったりして、とうてい樽さんには及ばなかった。手作業の難しさが身に染みた。そして、樽さんから、番組の鍵ともなる重要なことを教えて頂いた。それは、「苦味・クセがなく、甘みのある『のらぼう』は、五日市地域でないと作れない」というものだった。五日市地域は盆地であり、あまり強い風が吹くことはない。そのため、他の植物と交配しないという。さらに、この地域には石灰山があり、そこから灰分が流れてきて、「のらぼう」を美味しくするのだという。

「交配しないことで、天明・天保の飢饉の時とあまり変わらない味を、今でも再現できるんだよ」と、目を細めて語る樽さん。その言葉には、大きな誇りとのらぼうへの熱い思いが感じられた。そして、私はついに、「『のらぼう』は五日市でなければならない」理由にたどり着くことができた。心配していたことの一つが解消され、思わず小さくガッツポーズをしてしまった私を、樽さんはにこにこしながら見ていた。
 
それから二ヶ月後、私は再度五日市を訪れ、撮影を開始した。制作前の不安や迷いはもうなかった。五日市だからこそできる美味しい「のらぼう」。二四〇年前には五日市の人々の命を救った「のらぼう」。この素晴らしい野菜は、今度は、地域活性化の役割を担っている。

子生神社で行われた「のらぼうまつり」を取材した時に、まつりの実行委員長である乙訓(おとくに)孝男さんは、こう語ってくれた。

「『のらぼう』を後世に伝えていくことが私達の使命です。そして、こうしてお祭りとしてアクションを起こしていかないと、忘れられてしまいますから。それに、『のらぼう』で町が一つになれるから」

単純に、特産品をPRするような番組ではなく、「のらぼう」と地域を愛する人々の心意気を描く番組を制作しようと心に決めた。そして、「のらぼう」と地域の人々の思いを描いた一〇分間の番組を完成させた。

樽さんが生産する「のらぼう」は本当に甘くて、優しい味がする。武蔵五日市の人々の心が、ぎゅっと凝縮されたような深い味わいである。その味わいが、少しでも、このVTRを見て頂いた方々に伝わればいいなと思う。
[PR]

by tamatanweb | 2012-10-01 00:00 | 制作日誌