無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 「思い」を伝えるということ   

文学部人文社会学科二年 小圷美穂



二〇一二年八月。太陽の日差しが照りつける中、私は長袖のパーカーにジーンズ、そしてスニーカーという装いで電車に揺られていた。電車の中には半袖半ズボンにサンダルといった涼しげな格好をしている人が多かった。そのため、私の服装は周りの人から見たら少し奇妙だったかもしれない。窓から見える景色は、段々と高いビルが消え、美しい緑へと変わっていった。私が降り立ったのは、あきる野市にあるJR武蔵五日市駅。ミーン、ミーンという蝉の鳴き声を聞きながら、私は電車を降りて深呼吸をした。これからの私の役目を思うと、胸の鼓動が速まるのを抑えられなかった。

私は、第一〇五回「多摩探検隊」のリポーターを務めることになった。長袖のパーカーにジーンズ、そしてスニーカーという装いは、リポーターお決まりの服装なのである。番組の内容は、「あきる野市で発見されたトウキョウサンショウウオに迫る」というものだ。私にとってリポーターは初めての経験だった。

リポーターを務めることが決まった時から、私には一つの不安があった。それは「声」である。私は自分の声が嫌いだ。高くて弱々しい声。こんな声でちゃんとリポートできるのだろうか...。

そんな不安を抱えながら、撮影が始まった。やはりリポートはとても難しかった。声の大きさやタイミング、そして表情。リポーターとして気を配らなければいけない点がいくつもある。頭では分かっていても、カメラを前にすると緊張してなかなか思うようにリポートできないことが何度もあった。それでも、「取材対象者の方が貴重なお話をして下さっているのに、私のミスで台無しにする訳にはいかない」と、笑顔を保ち、私に出来ることをがむしゃらにやった。

そうして何とか撮影を終えたものの、私は再度、壁にぶつかった。それはナレーションの録音である。ナレーションは顔の表情が見えない分、声の表情がとても重要だ。私は撮影の時と同じ様に、明るく元気に話すことを心掛けた。しかし実際に録音した声を聞いてみると、その声は何とも弱々しかった。何度も録音を行ったがナレーションはまるっきり上達せず、私は焦りを感じていた。

そんな時、私を救ってくれたのは他の番組でキャスターを務めたことのあるゼミの同期生と、「トウキョウサンショウウオ」の番組ディレクターだった。同期生は、ナレーションのコツを何時間も根気よく教えてくれた。彼のおかげで、感情を込めて話し発声の仕方を変えるだけで、声の表情が一気に変わるということを私は実感した。そしてディレクターは、その傍でずっと励ましの言葉をかけ続けてくれた。やっと納得のいくナレーションが録音できた時、私は達成感に満ち溢れていた。

ナレーションの録音が無事に終わった日の夜、ディレクターから一本の電話がかかってきた。番組がとうとう完成したという報告だった。そして彼は私にこう言ってくれた、「小圷にリポーターをやってもらって良かった」と。その時、私は胸にかかっていた靄がスッと晴れていくのを感じた。この言葉を聞くまで、私はたくさんの迷惑をかけてしまったことから、ディレクターに申し訳ない気持ちを感じていたのだ。番組の完成を嬉しそうに話すディレクターの声を聞いた時、リポーターを務めることができて良かったと心から思った。
 
この経験から、私は学んだことがある。それは、番組を通して私たちが人に届けなければいけないのは「声」ではなく、私を含めた番組を取り巻く人々の「思い」だということだ。一つの番組には多くの人の思いが込められている。ディレクターが番組に込めた思い。取材対象者の思い。そして私自身の番組に対する思い。リポーターはそれらの思いを人々に伝える役目がある。思いが強ければ、それが声として表れて人に伝わるのだと思う。私は今も、自分の声があまり好きではない。しかしこれからは、小さい声でモゴモゴと話すのではなく、声の表情を豊かにして自分の思いを人に伝えていきたい。このことを学べた大学二年生の夏を、私は毎年蝉の声を聞くたびに、きっと思い出すことだろう。
[PR]

by tamatanweb | 2013-02-01 00:00 | 制作日誌

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 トウキョウサンショウウオを追って   

法学部法律学科二年 大谷観



皆さんは、多摩地域にサンショウウオが生息していることをご存じだろうか。あまり知られてはいないが、東京都あきる野市横入沢には、一般的なサンショウウオより小さい、体長およそ一三センチのサンショウウオが生息している。その名も、「トウキョウサンショウウオ」である。

私がトウキョウサンショウウオについて知ったのは、二〇一二年六月のこと。ミニコミ誌に、その生物についての記事が載っていたのだ。私は、多摩地域にサンショウウオがいるという事実にまず驚いた。そしてどういった生物なのか、もっと知りたいと思った。

そこで、トウキョウサンショウウオの生態に詳しい研究者に、私は話を聞きに行くことにした。伺ったのは、首都大学東京(都市教養学部理工学系生命科学コース理工学研究科生命科学専攻)で助教をされている草野保先生(六〇)。草野先生は長年トウキョウサンショウウオを研究されていて、飼育も行っている方だ。草野先生は私に快くトウキョウサンショウウオを見せてくれた。小さくて、クリクリとした瞳がかわいい。「これが、トウキョウサンショウウオか...」。噂には聞いていたが、実際に出会えた喜びで、私はなぜか感動してしまった。

草野先生からは、様々な生態系を守るためにトウキョウサンショウウオが非常に重要な役割を担っているということを教えていただいた。「この生物は、人間が気付かないような微細な環境の変化を察知できる能力を持っている。つまり、トウキョウサンショウウオが生活できる場所を維持する事で、他の動物が生活できる場所も維持することが出来る」というのだ。しかし近年はだんだんと数が減ってしまい、環境省のレッドリストで絶滅危惧Ⅱ類に指定されているという。

私はこんな貴重な生物が多摩に生息しているという事実を、多くの人に伝えたいと思った。そして身近な自然環境について見つめ直すきっかけを視聴者に少しでも与えられたら、と思った。こうして私は、東京多摩に生息するこの小さな生物に関する番組制作を始めることにした。

まず、番組の構成を考えた。そして、①あきる野市横沢入にリポーターが向かい、②そこでトウキョウサンショウウオを探して発見し、③最後に草野先生にお話を伺う、という流れにしようと思った。特に野生のトウキョウサンショウウオを見つけるシーンは必須だろうと、私は考えた。何日か、横沢入に通えば、いずれは見つかるだろうと安易に思っていたのだ。

しかし実際に撮影を始めてみると、大きな問題に直面した。トウキョウサンショウウオがなかなか見つからなかったのだ。来る日も来る日も撮影スタッフと共に、この生き物が一番多く生息しているという場所を探したが、一匹も発見することは出来なかった。「トウキョウサンショウウオに迫る番組で、リポーターが野生のトウキョウサンショウウオを見つけることが出来ないなんて...」。焦る気持ちとは裏腹に、時間ばかりが過ぎていった。

「このままではいけない」。そう考えた私は、一度立ち止まり番組の構成を改めて考え直すことにした。そして、「野生のトウキョウサンショウウオを何日探しても見つけることが出来ない」という状態こそ事実であり、その事実こそを番組にそのまま反映させてみてはどうかと考えた。実際、トウキョウサンショウウオは個体数が減っているからこそ、絶滅危惧種に登録されているのだ。そのどんなに探しても見つからないという事実をそのまま映し出すことで、この生物の希少性が伝えられるはずだと思ったのだ。

私は再び構成を練り直した。再構成してからは、撮影は順調に進んだ。その後、何ヶ月にも渡る編集作業を経て、やっと番組は完成した。自然が豊かな場所でも、この小さな生き物が絶滅寸前に追い込まれているという現実、そして、私たち人間が環境を守っていくことの大切さをトウキョウサンショウウオが教えてくれていることを、視聴者に少しでも理解してもらえたらと思う。

半年間の番組制作を通して、うまく行かずに悩んだことは何回もあった。しかし、立ち止まって冷静に考え、視点を変えてみた時、他の選択肢がある事に気付くことが出来た。この「視点を変えてみることの大切さ」は、大学を卒業し社会に出ても必ず活かせるものだと私は思った。

この先、壁にぶつかることがあっても、私はすぐに諦めるのではなく、視野を広く持ち物事を冷静に見つめ直していきたい。そして頭で考え、体を動かし、どんな壁も乗り越えていきたい。トウキョウサンショウウオを追いかけ、多くのことを学んだ半年間を、時折思い出しながら...。
[PR]

by tamatanweb | 2013-02-01 00:00 | 制作日誌