無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 水と共に生きる街 ~「当たり前」と言う「ありがたみ」~   

総合政策学部政策科学科二年 鼎(かなえ)由起子



「日本の水はなんでこんなにおいしいの?」以前私は海外の友達にこう聞かれ、答えにつまってしまったことがある。たしかに、日本の水はおいしい。海外の水は飲めないこともしばしばである。水道水を飲めばお腹を壊してしまう国さえもある。日本に生まれ育った私にとって、水がおいしいことは当たり前だった。私は日本が水に恵まれた国であることを、つい忘れていたのだ。この会話が基となり、私は日本の水について調べ始めた。

調べていくうちに、「東京都で一番おいしい」と言われている昭島市の水に出逢った。市のホームページによると、昭島市は東京都で唯一、昭和二九年から地下水のみを水源としているらしい。昭島市のおいしい水を求めて、遠方から引っ越してくる方もいるようだ。都内で一番おいしいと言われる水、果たしてどのような味なのだろうか。とにかく昭島市に行って、水を飲んでみよう。早速私は昭島市に向かうことにした。

着いてからすぐ、私は昭島市役所に出向いた。そして、好奇心の赴くままに市役所で水道水を頂き、ごくりと飲んだ。「おいしい」。口に含むと、水道水とは思えない程水の甘みが感じられた。昭島市の水についてもっと知りたい。そう思った私は、市役所の方に昭島市の水を生かして活動を行っている方を紹介して頂いた。それが、藍染め作家の形山榮(え)依子(いこ)さん(七二)だ。形山さんは、都内の一番綺麗な水で藍染めをしたい、という想いから昭島市に越してきた方である。実際に形山さんにお会いしてお話を伺うと、昭島市の水への愛情が痛いほど伝わってきた。「藍染めの作品を通し水の大切さを伝えたい」と語る形山さんの目は輝いていた。形山さんは、「水」という当たり前のように身近にあるものを、とても大切にしている。だからこそ、形山さんの作品は美しいのかもしれない。私はそう感じた。それと同時に私は、より多くの昭島市の方に市内の水の美しさを改めて認識して頂き、大切にしてもらいたいと強く願った。また、日本の恵まれた自然環境について見つめ直す大切さを、少しでも視聴者に伝えられたら、と思った。こうして私は、昭島市の水に関する番組制作を決心した。

昭島市の水と人々の繋がりを番組で取り上げるため、昭島市の水を生かして活動されている方を新たに探した。そして私は形山さん以外にも、昭島市の水を使って蛍を育成している方、豆腐を作っている方にインタビューをした。取材をすればするほど、「昭島市の水のお陰で自分達の活動が出来る」という、一途な想いが浮かび上がった。

夢中になって取り組んだ撮影はあっという間に終わり、長い編集期間に突入した。編集の段階で、私は高い壁に直面した。多くの市民にとって水は当たり前の存在である。だからこそ、その大切さに気付いてもらえるような番組にすることが難しかったのだ。そんな時、私を支えてくれたのはゼミ生と家族だった。編集作業につまずいている私に、ゼミ生は多くの助言をして励ましてくれた。その助言のお陰で、私は番組へのこだわりや番組で伝えたいことを見つめ直すことができた。それから何日も何日も、私は納得がいくまで諦めずに編集を続けた。編集をしていると時間が経つのを忘れ、日をまたいで家に帰ることもしばしばであった。それでも、家に帰ると「おかえり」と言って私を迎えてくれる母親がいた。眠たそうな目をこすりながら、母親はいつも私の帰りを待っていてくれた。ゼミ生や家族。いつも当たり前だと思っていた存在に、どれ程支えられたか分からない。

初めての撮影から約三ヶ月。私は編集を無事にやり遂げ、完成した番組は二〇一三年ニ月、多摩地域と長崎県、福岡県のケーブルテレビ計八局で放送された。この完成は、私のことを当たり前のようにずっと支え続けてくれた人たちのお陰だ。そう思うと、感謝の気持ちで一杯になった。

この番組制作を通して私は、「当たり前」ということの有難みを感じた。近くにいると、その大切さになかなか気づくことができない。しかし、身近にある豊かな自然環境も、大切な人達の存在も、どれも当たり前のものはない。本当は、私の中で欠かすことのできない大切な存在なのだ。当たり前だと思っている存在に日々感謝し、大切にしていきたい。昭島市の水に触れることで、私はそう気付かされた。多くの方のお力添えのお陰で完成した作品。この作品が、視聴者の方の「当たり前」を「有難み」に変えるきっかけになって頂けたら幸いである。
[PR]

by tamatanweb | 2013-03-01 00:00 | 制作日誌

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 恥を捨て、素直に述べよ   

商学部商業貿易学科二年 三橋真紀子



私は、第一○六回多摩探検隊「昭島の水」のリポーターを務めた。第九九回多摩探検隊「のらぼう」のリポーターを務めたこともあるので、今回は二度目のリポーター挑戦だった。最初にディレクターから「昭島の水」をテーマに番組を作ると聞いたとき、「一体どんなことを伝えればいいのだろう」と思った。水は私たちの生活に無くてはならないものだ。しかしこの番組では、改めてその水が昭島市の人たちにとってどんな存在なのかということを引き出さなくてはならない。そう思うと、自分に出来るのかと不安だった。しかし幸い今回で二度目のリポーターだったため、緊張はしていなかった。純粋に取材相手との会話を楽しもうと考えていた。

ディレクターと打ち合わせをしたとき、昭島市には昭島市の水を利用して蛍の育成をしている方、お豆腐を作っている方、そして藍染めをしている方がいるということが分かった。私は、その三人にインタビューをすることになった。

中でも印象に残っているのは、昭島市の水を使って藍染めをなさっている形山榮依子さん(六九)のお宅に伺ったときのことだ。形山さんのところでは、藍染め体験をさせて頂いた。このリポートは私にとってとても難しいことだった。なぜなら私は極度の照れ屋であり、リアクションをとるのが苦手だからである。藍染め体験について上手く視聴者に伝えられるだろうか...。そんな不安を抱えたまま、撮影が始まった。初めに白い布を藍釜の中に入れ、布を持ったままゆっくり藍にくぐらせたあと、布を水で洗う。これを繰り返すうちに白い布が藍色に染まっていく。その染まっていく工程を、自分の言葉で表現しなければならなかった。しかし、出てくるのは「わー、すごいですね!」の一言だった。藍染め体験をしたところで、私は何を言えばいいのか全く分からなかったのだ。「自由に自分が感じたことを話して良い」ということが、逆にプレッシャーになっていた。そんな私に対して、形山さんも何を話せばいいのか分からず、困惑している様子だった。

そんな時私を救ってくれたのは、カメラマンを務めていた同じゼミ生だった。彼は何も言えない私に気付き、「どんな風に色が変わった?」「どんな所がすごいと思う?」などの問いかけをしてくれたのだ。このことで私は、「そうか、私は今視聴者の代表としてこの体験をしているのだ。五感を使って、感じたことを素直にリポートすればいいんだ」ということに気づくことができた。それからは、先程の何もいえなかった自分がまるで嘘かのように、言葉が出てきた。「同じ青でも、緑がかった青になってきました!」「水が冷たくて気持ちいいですね」というようにだ。それを聞いて、形山さんも「そうでしょう。昭島市の水は綺麗だから、藍の色を綺麗に出してくれるんですよ」という風に声をかけてくださるようになった。こうして無事に撮影を終えた時、私は達成感に満ち溢れていた。

この約三ヶ月間のリポーター経験を通して私は、素直になることの大切さを学んだ。素直な態度で相手に接し、自分が感じたことをありのままに述べれば、必ず相手もそれに応えてくれる。リアクションを大きく取ることも、自分の言葉で表現することも、決して恥ずかしいことではないのだ。

リポーターという仕事は、何度やっても発見がある仕事だ。私はこの町でまた一つ成長できたのだと思う。出会った人々の優しい笑顔と言葉を思い浮かべながら、冬の匂いがする昭島駅をあとにした。
[PR]

by tamatanweb | 2013-03-01 00:00 | 制作日誌