無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 「お台場学園放送局」を担当して① 生徒の可能性を信じることの意味   

総合政策学部国際政策文化学科三年  石田洋也
 
中学二年生の国語に「テレビ番組をつくろう」という単元がある。これはメディアリテラシー教育を国語の科目に盛り込みたいという政策によって設置された単元である。しかし、実際には、番組制作を教えられる教師は少ないのが現状である。港区立港陽中学校から、私が所属する松野良一ゼミに、この単元の学習のための、サポート依頼が来た。これを受けて私たちは、中学二年生が、企画、取材、撮影を行ってテレビ番組を制作する活動を、大学生がサポートするというプロジェクトを立ち上げた。これが「お台場学園放送局」の始まりだった。

二〇一三年三月。この単元の学習を、授業九コマを使って行うことになった。正規科目「国語」の単元として実施するので、私たちは新学習指導要領に沿って教育目標を設定し授業計画から学習効果までを考慮しなければならない。活動が始まる前、港陽中学校の先生方に、「大学生は教育者の立場として生徒に接してください」と念を押された。生まれて初めて教育者として関わる活動に、私は不安と緊張でいっぱいだった。そして、大きな責任を感じた。

今回、企画した番組は、中学校近くにある「台場コミュニティーぷらざ」を、生徒たちがマイクを持ってリポートし、関係者のインタビューを含めて紹介するというものだった。「台場コミュニティーぷらざ」には、児童館や図書館、区民ホールといった、生徒たちにとって普段から親しみのある施設がある。二十五人の生徒は、スタジオ班、図書室班、児童館班、児童館分室班、台場分室班(芝浦港南地区総合支所台場分室)の五つの班に分かれて施設を紹介することになった。

 
まず各班がリポートを担当する場所を決めた後、今度は班のメンバーで話し合って、ディレクター、リポーター、カメラなどの役割を割り振った。次に番組の構成表を作成するための事前取材を行うスケジュールになっていた。私はティーチングアシスタント(TA)として、中学生たちとコミュニケーションをとれないまま授業に臨んだため、焦りは頂点に達していた。

しかし、授業が始まると、思っていたよりも、中学生たちはずっと明るく積極的だった。ディレクター役の生徒が中心となって、「誰にインタビューしたら良いか」を議論した。すぐに班の中で、「館長さんがよいと思う」と意見がまとまった。すると、ディレクターの生徒が「では、館長さんにどんなことをインタビューしようか?」と話を進めてくれた。

インタビューの内容を考えることには少し苦戦していたようだったので、私から「この質問をしてみたら良いと思うよ!」とアドバイスをした。班員も「それ、いいね!」といって、しっかりとメモを取ってくれた。その日の活動が終わり、私は胸をなでおろして、大学生と先生方との反省会に臨んだ。反省会では、港陽中学校の先生がこうおっしゃった。

「生徒と仲良くなってもらうのは構わないですが、『授業』ということを忘れないでください。また、中学生は多感な時期でもあるので『生徒の意見を聞かず、大学生の意見を押し付ける』ことをしないように注意してください」

この時、私は大きな間違いをしていることに気がついた。なかなかインタビューの内容を考えることが出来なかった彼らに、初めから答えを与えてしまった。もっと、生徒の立場に立って彼らから答えを引き出すべきだった。

そこで次の活動では、「『いつ、どこで、誰が、何を、どうした』と簡単なところから考えてみよう」とだけアドバイスした。すると班員から次々とインタビューで質問する項目が出てきた。先生に指摘された『授業』ということの意味が、少しだけわかったような気がした。
 
事前取材を終えると、番組の構成表を作成した。班員も活動に慣れてきたのか、発言する回数が増えて来た。実際に構成表を作成していくにあたって、アシスタントディレクター(AD)の生徒が「付箋を使ったら、質問項目の並べ替えがしやすいし、皆わかりやすいのではないか」という提案をしてくれた。それによって構成表の作成はスムーズに進み、リポーター役の生徒は自分がリポートしやすい言葉を選んで構成表に組み込んでいた。それぞれの役割を自覚しながら、各班員が懸命に構成表の作成に関わっている姿を見ながら、私は彼らを信頼して撮影に臨んでみようと思った。

そしていよいよ撮影の日を迎えた。時間を見ながら撮影を進めていくディレクター、笑顔でハキハキとインタビューするリポーター、画(が)角(かく)と音をチェックしながらモニター画面を見つめるカメラマン、カンペめくりからリポーターの服装チェックまで担当するAD。それぞれが役割をしっかりとこなし、協力しながら撮影を進めていった。そんな彼らに、私からアドバイスすることはほとんどなかった。すでに最初にあった私の中の不安は、完全に消えていた。むしろ、私は生徒から「信頼することの大切さ」を教えてもらった。教育とは、必ずしも手取り足取り指導することが正しいのではなく、生徒を信頼して、彼らの可能性を引き出してやることだと実感した。

上映会の日がやってきた。中学生たちは、大きなスクリーンに映し出される映像を見ながら、皆笑っていた。そして、その顔には、充実感がみなぎっていた。

上映が終わり、お別れする時が来た。ディレクター役とリポーター役の生徒が、私のところに寄って来た。

「本当に良い思い出になりました。途中戸惑ったこともあったけれど、皆で協力して番組を作ることができて良かったです。ありがとうございました」

そう挨拶してお辞儀をすると、彼らは、次の授業がある教室へと向かって行った。

私はその後ろ姿を見送りながら、彼らに出会えて本当によかったと思った...。
[PR]

by tamatanweb | 2013-07-01 00:00 | その他

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 「お台場学園放送局」を担当して② 中学生たちから教えてもらったこと   

文学部人文社会学科フランス語文学文化専攻二年 佐伯綾香

二〇一三年三月に行われた「お台場学園放送局」の活動で、私は「台場コミュニティーぷらざ」の施設を紹介する班ではなく、番組の始まりと終わりを受け持つスタジオ班を担当することになった。活動初日、私は緊張しながら教室に足を踏み入れたが、生徒たちは元気いっぱいで、気付けば緊張もどこかへ行っていた。スタジオ班の生徒は、男子三人と女子二人だった。お互いに自己紹介すると、すぐに和やかな雰囲気になった。私はスタジオブロックについて説明した後、生徒たちと一緒にスタジオでキャスターが読む原稿の作成に取り掛かった。

ところが、「さあどんな内容にしようか」と問いかけてみても、なかなか会話が進まない。いざ話し合いとなると、みんな口を閉ざしてしまうのだ。そうしているうちに時間がどんどん流れてゆき、授業終了時間が迫って来た。不安や焦りが態度に表れてしまったのだろうか・・・私は生徒たちの意見をうまく引き出すことができず、沈黙の時間を作ってしまった。さらにその沈黙を埋めようと、こちらの考えを押しつけるように提案してしまった。「これでは中学生の意見が集まったスタジオではなく、私のスタジオになってしまう」。そう自覚しながらも、時間ばかりを気にして進めてしまった。不安要素を残したまま、私はその日の活動を終えた。

どうしたら、もっと生徒たちが話しやすい場を作ることができるだろうか。その日の活動を振り返った私は、大事なことに気付いた。それは、生徒たちから意見が出ないことが心配で私ばかりが発言をするのではなく、もっと生徒たちの話を聞いてみるということ。そして、生徒たちがもっとリポートの状況を想像しやすいように、話を振ってみるということだ。初日の私は、時間内に終わらせることばかりに気を取られ、会話も一方通行に近く、生徒たちと言葉のやり取りができていなかった、と反省した。

次の活動の日、私はまず、生徒たちと何気ない会話からやりとりを始めることにした。生徒たちは笑顔で返してくれて、明るいスタートを切ることができた。そして、生徒たちの発想を引き出すような質問をしてみた。「今、あなたはキャスターとしてスタジオにいます。画面の向こう側には、中継現場にいるAさんが角煮饅頭をリポートしようとしています。今、Aさんにどういう言葉を投げかけたいですか?」と具体的に例をあげて話しかけた。すると班長を務めていた生徒が「今、Aさんが、どんな気持ちでいるのかを聞きたいです!」と言葉を発したのをきっかけに、彼を中心にみんなで意見を出し合い始めた。初日は恥ずかしそうにしていた男子生徒も、自分の考えをみんなに伝えていた。私が感じていた男子と女子間の壁も、互いに笑い合う姿を見ると、なくなったように感じた。「初日よりも確実に一歩前進している」。そう確信した私は、心の中でガッツポーズを決めた。

そして迎えた撮影当日。あいにく外は強風により大荒れ模様だった。いつものように挨拶をした後、私は生徒たちに急きょ撮影場所を屋上から教室に変更することを伝えた。生徒たちの表情を見ると、やはりがっかりしていることは確かだった。生徒たちは普段なかなか行くことのできない屋上での撮影を楽しみにしていたからだ。しかし、生徒たちは突然の変更に対して気持ちを切り替え、「撮影、成功させよう。」と張り切って準備に取り掛かってくれた。

そしていよいよ撮影に入ったとき、カンペをめくる雑音をカメラマイクが拾ってしまうことに気付いた。すると、ディレクター役の生徒が「一人でカンペをめくるのではなくて、二人で流れ作業でカンペを渡していったらいいと思います」と提案してくれた。

生徒たちは各自の役割を全うし、さらには担当以外の仕事に対しても気を配ってくれた。私は一生懸命な生徒たちの姿に胸を打たれた。なかなかうまく会話が進まなかった初日、周りをうかがうかのように話をしていた生徒たちが、今はしっかりと自分の意見を言っている。彼らのあふれんばかりの笑顔を見て、自然と笑みがこぼれた。私は「微力ではあるけれど、自分の役割を果たすことができたかな」とほっとした気持ちになった。

八日目、活動最終日。上映会で画面の中に映るキャスター二人の姿は堂々としていた。班のメンバー全員が番組に登場することはできなかったが、完成したスタジオVTRは、班全員の努力の賜物だと実感した。

上映終了後、キャスターを務めた二人が私の方に駆け寄ってきた。「もうこれで活動は終わりなんですよね。会えなくなるのが寂しいです。また絶対お台場学園に遊びに来てください」二人はそう言って、私の腕をつかんだ。うれしい言葉に、私は目頭が熱くなった。

八日間という短い期間だったが、私は生徒たちから大切なことを学んだ。相手を知ろうと努力し、信頼関係を作っていくということだ。
[PR]

by tamatanweb | 2013-07-01 00:00 | その他