無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 悪天候の撮影から学べたこと   

法学部国際企業関係法学科二年 尾崎梓

 今年の春休み、私は「たまゆり子ども放送局」に参加した。これは、大学生が川崎市多摩区・麻生区の子どもたちに番組作りを教えることでメディア・リテラシーの向上を目的としたプロジェクトであり、今回は「ミニたまゆり」というイベントを二人の子どもにリポートしてもらうことになっていた。
 「ミニたまゆり」とは田園調布学園大学を一つの街にみたて、子供たちが職業体験をしたり納税したりして、社会のルールを学ぶイベントである。私はこの企画の詳細を聞いたとき、大人の社会を縮小化した街を子供が主体となって作っていくという点に面白さを感じた。このイベント自体に興味を持った私は、ぜひこのプロジェクトに関わりたいと思い、撮影を補佐するAD(アシスタント・ディレクター)として参加することにした。

 そして迎えたミニたまゆり当日、撮影は順調に進んでいた。しかし昼食を控室で食べている時、悲報が飛び込んできた。なんと大雪により、午後のイベントを中止するというのだ。結局予定していた内容全てを撮り終えることは出来ず、その日は解散となってしまった。

 それから約一か月経った三月の上旬、前回撮れなかった分の再撮影を行うことになった。少し期間があいたためか、再開したときの子供たちは少し硬い表情をしていた。その顔を見て、私は子供がこの再撮影をどう感じているのか気になった。子供たちの記憶にはイベントの雰囲気や内容がどのくらい残っているのだろうか。間隔があくとどうしてもその日の記憶は薄れてしまう。曖昧な記憶を再び掘り起こしながらリポートするのは、子供たちにとって大変なことなのではないか、と様々な不安を抱いていた。私は子供たちに番組作りを教えるにあたって、撮影は「疲れた」よりも「楽しかった」という印象を強く持ってもらいたかったため、負担をあまりかけたくなかった。しかし、撮影が始まるとすぐに私の心配は杞憂だったことに気づかされた。時間が経つにつれ子供たちの緊張は次第にほぐれていき、最後まで明るく元気なリポートをしてくれて、撮影は無事終了した。

 そしてすべての撮影が終わり、4月上旬に上映会が行われた。上映会には撮影に参加したリポーター役の小学生の二人はもちろん、インタビューを受けてくれた子供たちや保護者の方々、お世話になった学生さん、そしてイベント主催者の先生等、多くの方が足を運んでくださった。時折歓声が湧いたり笑いがおきたりと、上映会は終始和やかな雰囲気だった。上映中、子供たちは自分たちの映る映像に照れた表情をみせながらも楽しそうに見ていて、最後には楽しかったと感想を言ってくれ、とても安心した。そして何より、最後に子供たちや保護者の方の笑顔が見られたことが私は本当にうれしかった。

 今回参加した「たまゆり子ども放送局」はイレギュラーの連続だった。悪天候によって撮影が中止になることや再撮影を行うことは極めて稀なケースだと後で聞き、私は実は大変な現場に居合わせていたのだと気づかされた。しかし初めてのADでこのような大変なプロジェクトに参加出来たのは、私にとっては貴重な体験だったと思う。初めてのことばかりで苦労や驚きで大変な撮影ではあったが、このプロジェクトに参加できて本当によかったと思っている。上映会を終え、帰っていく子供たちの笑顔と保護者の方々の温かい表情は今でもしっかりと覚えている。子ども放送局は自分の経験を積むためばかりでなく、誰かの喜びのためになることが出来るプロジェクトだと思う。私はそこにとても魅力を感じ、そして今後もぜひ「たまゆり子ども放送局」に関わっていきたいと考えている。

[PR]

by tamatanweb | 2014-07-01 00:00

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 全身でコミュニケーションをとるということ   

文学部人文社会学科フランス語文学文化専攻三年 佐伯綾香

 私は、第117回多摩探検隊「消えゆく伝統和紙~軍動紙をたずねて~」のリポーターを務めた。軍道紙とは、東京都あきる野市でかつて盛んに漉(す)かれていた紙のことだ。軍道紙は、人々が自らの手で漉き、日用品に利用する、生活に密着した和紙だった。一度はその伝統を絶やしてしまったものの、現在様々な方の努力によって復活し、受け継がれている。

 番組の内容は、軍道紙にゆかりのある方々の元を訪ね、軍道紙について、過去・現在・未来の軸で追っていくというもの。軍道紙を最後まで専業で漉き続けた方や、実際にアートに利用している方、紙すき体験の場を提供することで後世に残そうとする方々にインタビューを行った。
 番組のディレクターから「リポーターをしてみないか」と頼まれたとき、私は、リポーターという大役が自分に務まるのだろうかと不安な気持ちになった。しかし、軍道紙は人々の生活に欠かせなかった貴重な和紙であり、後世に伝えていくべき価値のあるものだ。
「軍道紙に関わった方の元へ直接足を運び、人々のどのような思いが詰まって、今もなお存在しているのかを知りたい」。そう思った私は、リポーターを引き受けることにした。

 一番印象に残っているのは、軍道紙を最後まで漉き続けた職人、萩原吉種(よしかず)さん(96)のインタビューだ。
取材に向かう前に、萩原さんはご高齢で耳があまり聞こえないということを聞いていた。私は、萩原さんからどのようにお話を引き出せばよいのか悩んだ。
「会話がうまくかみ合わないこともあるかもしれないが、不審な顔を見せるのではなく、笑顔を忘れずにいよう」。不安な気持ちもあったが、そう決めて臨んだ。

 萩原さんの自宅は、空気の澄んだあきる野市にあった。大きく深呼吸をし、ドアの前でチャイムを鳴らした。少しすると、萩原さんの息子さんのお嫁さんが顔を出した。よくいらっしゃいましたねと、温かく歓迎してくださった。お家に上がらせていただくと、萩原さんがこちらに向かって来た。96歳とは到底思えないほど、しっかりとした足取りだった。
「いよいよ始まる」。私は聞きたいことを反復して自分に言い聞かせ、心を落ち着けた。
 さっそくインタビューが始まった。ディレクターが紙に質問を書き、萩原さんに見せるという形でインタビューは進んでいった。しかし、私の声が聞こえていないこともあって私の話すタイミングと萩原さんの答えるタイミングはバラバラだった。意思疎通ができていない状況だった。
 懸命に萩原さんの目をみて質問をしているつもりなのだが、なかなか伝わらない。
 「このままではだめだ。これでは、ぎこちない掛け合いになってしまう」
 そう思った私は、萩原さんが私の言葉を理解できているのか一語一語ゆっくり確かめながら進めていくことにした。口の開け閉め一つ一つに神経を集中させた。
 また、少しでも安心して答えてもらえるよう、わかりやすく反応するのを心がけることにした。いつもよりも大きくうなずいてみたり、目を大きく開いてみたり、眉毛の動きを意識してみたり…。すると、私の心がけが伝わったのだろうか、萩原さんも私の目を見て、語り掛けてくれるようになった。
 さらには、笑顔も見られるようになった。昔のことを尋ねると、萩原さんは紙すきに使っていたという道具まで見せてくださった。軍道紙について話す萩原さんの姿は本当に生き生きとしていて、目が輝いていた。
インタビューの最後に、こう語っていただいた。
 「本当に来てくれてありがとう。私は、君たちが学生だから、これが最後だと思って取材を受け入れたんだ。番組の完成を楽しみにしていますよ」

 私は、目頭が熱くなるのを感じた。

 今回の経験を通して感じたことは、コミュニケーションの手段は言葉だけではないということだ。
会話が十分にできない状況であっても、表現方法はたくさんある。身振り手振りやアイコンタクト、表情…。相手に心を開いてもらうためには、全身で語り掛けることが大切だと感じた。

 私は電車に揺られ、あきる野の地を後にした。車窓に広がる緑を眺めながら、私は、軍道紙について語る萩原さんの生き生きとした笑顔を思い浮かべた。


[PR]

by tamatanweb | 2014-07-01 00:00