無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 多摩探検隊の作り方~学生の苦悩とその舞台裏~   

総合政策学部政策科学科プロフェッショナルコース三年 添川隆太

 多摩探検隊は今年の五月に放送開始から一〇周年を迎え、私は「一〇周年記念番組」のディレクターを担当した。今回は多摩探検隊という番組がどのようにして作られているのか、改めて皆様にご紹介したいと思う。

 多摩探検隊は一〇分間の地域再発見番組であり、一本の番組の制作には平均で約半年掛かる。番組にもよるが、短いものでは二ヶ月、長いものでは一年半を掛けることもある。

 番組の制作には、大きく分けて四つの工程がある。

 最初に行うのは「企画」だ。この作業は言葉の通り、番組にしたい題材を見つけ、企画を立てることだ。多摩探検隊では、毎回多摩地域に根差した話題や人物などを企画にして番組を制作している。これまでに制作したものには、野菜や果物を大学生がリポートする番組や、職人に密着したドキュメンタリー番組などがある。また、毎年八月には多摩地域の戦争の証言や記録を集めたドキュメンタリー番組を制作している。

 様々な題材の番組を放送している多摩探検隊には、統一されたポリシーがある。それは「Act Locally、Think Globally」というものだ。毎回、番組は多摩地域の話題を取り上げているが、日本全国や世界に通じる普遍的な広がり、視点を盛り込むように努力している。

 企画の次に行うのは「構成」だ。構成とはどのような順番、流れで番組を作るのかを考える作業のことをいう。構成段階では構成表というものを作り、ゼミの制作会議で先生やゼミ生から厳しいチェックを受ける。ここで指摘された問題点を克服できなかったり、取材対象者からどうしても撮影許可が下りなかったりして、この段階で企画がボツになってしまうこともよくある。私が制作した一〇周年記念番組も構成表のチェックをなかなか乗り越えることができず苦労した。「視聴者に何を伝えたいのかわからない」「この番組は何がニュースなのか」という指摘を受けた。公共の電波に乗せて放送される番組である以上、放送法を順守して責任を持って、有意義な番組を制作しなければならないのだ。

 構成が固まってから「撮影」を行う。撮影はやり直しがきかないため毎回真剣勝負となる。一〇周年記念番組では、一〇年の間に多摩探検隊に出演していただいた方を訪ねて撮影時のエピソードや番組の反響を語っていただいた。その中で、日本でただ一人の顔面紙芝居という芸を持つパフォーマーや、六九年前にB29が墜ちた山に慰霊碑を建てて追悼を続けている男性などにお会いした。このことは、大学内で机に向かっているだけでは得られない貴重な経験となった。特に、慰霊碑を建てた男性からは、平和であることの尊さや戦争の現実を学び、証言を記録することの大切さを学んだ。

 そして、撮影を終えた後は、撮れた素材を確認し「編集」に入る。大学内の演習室にこもって編集作業を行う。編集を終えたVTRは、ゼミの制作会議でチェックを受ける。先生やゼミ生からの厳しい指摘を受けて編集を何度もやり直し、ようやく一本の番組が完成する。

 完成した番組は各ケーブルテレビ局に納品して放送するほか、WEB上の番組ホームページでも配信している。

 四年間の大学生活の中で半年という期間はとても貴重な時間だ。私は昨年一〇月に企画書を作成し、番組が完成したのは翌年の四月だった。半年の番組制作期間においてゼミ生との激しい議論や先生からの厳しいご指導があり、自信を無くしたり、番組制作を辞めてしまいたくなったりしたこともあった。しかし、最後に番組が完成した時、それまでの苦労が全て報われたように感じた。努力した結果が番組という形で確実に残るため、自分にとっての大きな自信につながった。

 多摩探検隊をまだ見たことがないという方はぜひご覧いただきたい。私たちの汗と涙の結晶です。


[PR]

by tamatanweb | 2014-09-01 00:00

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 悲しみと寄り添って~絵手紙からみつめた3.11~   

総合政策学部国際政策文化学科三年 福田紗友里

 第121回多摩探検隊「絵手紙につづられた東日本大震災 狛江―石巻」で、制作プロデューサーを務めた。絵手紙とは、はがきにちょっとした絵と文を添えた手紙のことで、東京都狛江市に在住の小池邦夫さん(72)によって生み出されたものである。多摩の地で生まれた絵手紙が、震災が起きた被災地に広がり、被災者の心のケアに役立っているという内容を10分のドキュメンタリー番組にまとめた。

 2013年9月、ディレクター、カメラマン二人の計四人で石巻市最大の仮設住宅である「開成仮設団地」を訪ねた。絵手紙教室の方々は、東京から来た私たちを、快く受け入れてくれた。撮影が進む中、私は阿部圭子さんという女性に出会った。自分の庭から摘んできたツユクサをどことなくさみしそうな瞳で見つめながら絵手紙を描いていた方だった。パレットには鮮やかな絵の具が少しだけ置かれ、彼女はその色を丁寧にはがきにのせていた。

 私は「きれいですね、その色」と声をかけた。「ありがとう」と圭子さんははにかんだ。「元はどこにお住まいだったんですか?」。私は勇気を振り絞って聞いてみた。

 「もともと石巻の沿岸部のところで働いていたの。震災の時は、急いで会社のみんなと日和山に逃げてね」

 ツユクサの葉の部分に淡い緑を塗りながら、彼女は震災当時の事を語り始めた。

 「実は、私には胃瘻(いろう)※をした母が家にいてね。夫が車に乗せて、母を避難させたんだけど、胃瘻用の道具を何も持ちだせ出せなかったから・・・」

 そう言うと、彼女は筆を止めて、私を見つめて微笑み、こう続けた。

「私が、母親を、殺しちゃったの・・・」

 その言葉をつぶやいた瞬間、彼女の目は涙で一杯になっていた。そしてあふれた涙は彼女のほほをつたい、はがきに描かれていた鮮やかなツユクサの葉にこぼれ落ちた。周囲の笑い声が遠く聞こえたような気がした。私と圭子さんだけ、時間が止まっているようだった。傷をえぐりかえすようなことを聞いてしまった、と頭が真っ白になった。圭子さんの涙の理由を聞けないままに取材は終わり、東京に戻ってきてしまった。

 取材を終え、振り返ってみると、あのとき質問を続けられなかったことに後悔の念を抱くようになった。というのも、彼女の涙、そして彼女の悲しみこそ、震災が風化していく中、まだ心癒えていない被災者がいることを社会に知ってもらうための貴重なきっかけになると思ったからだ。私が今できることは、彼女の悲しみを無駄にしないことだと思った。

 ディレクターと相談し、もう一度石巻に行こうと決めた。季節は冬(二月)になっていた。圭子さんは二回目の取材を、快く受け入れてくれた。彼女の仮設住宅で、震災時の話をゆっくり聞かせてもらえることになった。

 部屋は四畳ほどの部屋が二つある二DKだった。彼女は、小さい椅子にこしかけ、母親の仏壇の方を眺めながら、「殺してしまった」という言葉の意味を語ってくれた。

 胃瘻をしていた母親を避難させたものの、道具を持ちだせなかったため、栄養を補給できない状態が続いた。震災から3か月たった5月11日、母親は栄養失調で亡くなってしまったという。亡くなった原因は、自分が医療施設の整った病院にすぐに連れて行けなかったからだと、圭子さんは自分自身を責め続けて来た。だから「母を殺してしまった」という言葉が出てきたのだそうだ。

 自分を責める日々が続く中で、絵手紙と出会った。震災からちょうど半年後のことだった。友達に誘われ描いてみたところ、辛いことを忘れ、生きる力をもらったような気がしたという。

 彼女は続けて、こう言った。

 「今は10キロも太るくらい、幸せになってるからさ。生き残った自分は、幸せ者・・・。そう思わないと、頭おかしくなるもの」

 津波という未曽有の大災害、そして母親の死を、必死に受容し乗り越えようとする、人間の強さを垣間見た気がした。

 石巻での二回目の取材を終え、新宿駅に降り立った。雑然とした喧騒が周囲を取り巻いていた。ここにいる人たちが、圭子さんたち被災者の悲しみに思いをはせることはあるのだろうか。被災者の心の傷は、被災者以外の人には伝わっていないのではないか。物理的な距離が心の距離をもたらしているように思えた。

 取材後に圭子さんが私に下さった言葉が、私の心をずっと温め続けてくれている気がする。

 「聞いてくれて、ありがとうだっちゃ・・・」


※胃瘻(いろう)…口からの食物摂取が困難な場合に、胃に器具を取り付け、外部から直接栄養を送る処置。


[PR]

by tamatanweb | 2014-09-01 00:00