無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 「感動」を求めて~夏の若狭たかはま子ども放送局~   

総合政策学部国際政策文化学科二年 住田達

 二〇一四年八月。夏真っ盛り。海水浴場は多くの人で賑わう。そんな中、福井県高浜町にある海水浴場では今年も「若狭たかはま子ども放送局」の活動が行われた。

 「若狭たかはま子ども放送局」とは、FLPジャーナリズムプログラム松野良一ゼミの学生が福井県高浜町の地元の子どもたちと共に運営している番組制作活動である。この番組では、例年、地元の子どもたちが、「漁火想」という高浜町で毎年開催されている夏の一大イベントをリポートする。今年で十二年目を迎えるこの活動の番組ディレクターを私は務めることになった。

 六月上旬。「企画は、最初の仕事であり、最重要の仕事である」。そう先輩から教わっていた私は、「高浜町」そして「漁火想」について知ることから始めた。漁火想は、高浜町の夏の一大イベントである。この町の住人は、老若男女問わず、「この日ばかりは」と意気込み全身全霊をかけて祭りを盛り上げる。私は、漁火想に秘められた高浜町民の「想い」を描き、番組を見てくださった方の「感」情を「動」かしたいと思った。そこで考えた企画は、「漁火想旗」の制作である。祭りの関係者、来場者に「高浜と聞いてイメージする色は何ですか?」と聞き、黄色、橙色、水色、緑色のフェルト生地から選んでもらい、それらを貼り合わせて皆の高浜への「想い」をカタチにしようという企画である。先生や先輩方からいくつかの懸念点はご指摘いただいたものの、試行錯誤を繰り返しなんとかクリアし、企画成立となった。

 そして迎えた八月二日、撮影当日。はじめは好奇心と緊張感で、テキパキ行動してくれていた子どもたちも、やんちゃ盛りの小学生である。時間の経過と共に「すみっち(子ども放送局での私のあだな)、飽きた~。まだ撮影するの~?」と駄々をこね、遊び始める。いつしか「あと少し!あと少しだから頑張ろう!」と説得と撮影の繰り返しになってしまったが、なんとか無事撮影を終えた。

 翌日、JR若狭高浜駅の二階にある会議室をお借りして上映会を行った。リポーターを務めた小学生の親御さんをはじめ、番組制作にご協力いただいた多くの方が足を運んでくれた。会場は薄暗くなりVTRがスクリーンに映し出された。この時のために準備してきた日々が走馬灯のように蘇り、鳥肌がたった。目の前に映像として今までの2か月の結晶が映し出されているという実感が湧かなかった。上映が終わり、会場には拍手が鳴り響いた。思わず、涙がこぼれた。「本当に面白い番組だった。高浜の元気な子供たちがリポートする姿を見て私も元気になった」。上映後、来場してくれていたお客さんに言われた。涙が溢れ出て、止まらなかった。

 最後に、一階に降りて駅の前で記念撮影。不平不満を口にしながらも最後まで自分たちの仕事を全うしてくれた子どもたち。何か月も前から共に準備を進めてくださった若狭高浜観光協会の方々。温かい高浜の人たちとの別れだった。

 「ありがとう、すみっち」。撮影中ずっとふざけて、私のいうことを聞いてくれなかった子どもから別れ際に言われた言葉。それが今も心に刻まれている。

 「ありがとう、高浜」。帰りの鈍行列車に揺られながら、私は、そう心で呟いた。



[PR]

by tamatanweb | 2015-02-01 00:00

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 八王子子ども放送局   

法学部国際企業関係法学科二年 尾崎梓

 2014年8月、私はこれまでの夏休みとはちょっと違った日々を過ごした。

 ちょうど2カ月前の6月、「八王子子ども放送局」の企画を知った私は、直ぐにディレクター職に立候補した。この「八王子子ども放送局」とは、八王子市に住む子どもたちと一緒に私たちFLP松野ゼミの学生が一つの番組を作るプロジェクトである。この企画に携わっていく過程で私は、取材先のお店の人と子ども達とを繋ぐ、コミュニケーションのきっかけを作るという、滅多に出来ない貴重な体験をすることが出来た。

 今回の「八王子子ども放送局」は、子どもたちが八王子市の商店街にある手芸屋さん、うなぎ屋さん、呉服屋さん、果物屋さんの老舗をリポートして紹介するという企画だった。取材したお店は古いところで明治35年から続いているのだが、八王子市民である子ども達はお店の名前すら知らなかった。

 そんな中で特に印象に残った出来事は、手芸屋さんで取材を終えた後に起きた。取材体験が終わって店を出ようとしたとき、一人の男の子が私のところにやってきてこんなことを言った。「ぼくこのお店にまた来たいな。撮影が終わったら後でまた買い物に来るよ!」

 よくある社交辞令のようだが、その男の子は後で本当に親御さんと買い物に来たという話を、後日店長さんに伺った。初めはゼロだった男の子とお店との間の出会いは、取材を通して新たに生まれ、そしてその後も続く関係へと変化していった。なるほど、新たなコミュニケーションはこのようにして生まれるのか、と私は驚くと同時に、そのきっかけを作ることが出来たのだと思うと、なんだか嬉しい気持ちになった。

 これは手芸屋さんでの出来事だが、同様にこの一日で子ども10人×4店舗=40もの新たなコミュニケーションが生まれたことになる。そしてこのきっかけを作るというのは、そう経験出来るようなことではないだろう。一般的にコミュニケーションとは自分と相手方の間で生まれるものである。しかし、それは自分との間だけでなく、それ以外の人と人との間に築くことが出来るということは、私にとってこの夏最大の発見だった。

 そうして企画がすべて終わったのは9月中旬。気が付けば蝉は姿を消し、外の空気はすっかり秋になっていた。長かったはずの夏休みは一瞬で過ぎ去ってしまったが、今までの夏休み以上に面白く、濃い夏休みだった。そんな体験をしたこの夏を、私はきっとこの先忘れることはないだろう。


[PR]

by tamatanweb | 2015-02-01 00:00