無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2015年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 いち学生が戦争体験を聴くことの意味   

総合政策学部政策科学科四年 澤田紫門

 「どんぐりと戦争」。ある冊子のタイトルだ。およそ似つかわしくない二つの言葉に、私は興味を持った。2014年2月のことである。その後、冊子の作者である調布市史研究家の古橋研一さんに話を聴いた。戦後の日本は食糧不足に陥っていた。全国の小学生児童にどんぐり採集を義務付け、どんぐりを使ったパン、乾パン、お焼きなどが食糧不足を補っていた。調布市にあった東京重機工業(現、JUKI株式会社)では、どんぐりの食品加工をしていた。

 特攻隊、学徒出陣、沖縄地上戦など、自分が知っている戦争体験の多くが戦時中のもの。戦後の人々の生活に、私は目を向けていないと感じた。まさかどんぐりを食べなければならないほど困窮した生活を送っていたとは私は考えもしなかった。だからこそ、戦後の食糧難をテーマにした番組を制作したいと決心した。

 古橋さんのご協力もあってか、何とか当時を知る兄弟を探し出した。兄の石井三衛さんと弟の石井成行さんだ。お二人ともどんぐり採集を体験し、成行さんはどんぐりの乾パンを食べたことがあるという。

 撮影依頼をしたが、一度断られた。「もっと辛い体験をしたひとは大勢いる。彼らの前で戦後の体験を論じるのは気が進まない」。過酷な体験をされてきた方だからこその思いであった。しかし私は折れなかった。戦争を知らない人たちのために証言を遺したいと愚直に思いを伝え続けると、撮影を許可して下さった。

 お二人は農家出身で、終戦後に農作業をよく手伝っていたという。しかし政府に作物を供出しなければならず、自分たちで作った作物を満足に食べることも叶わなかった。

 取材を進めていく中で、ひとつ疑問に思ったことがある。それはお二人とも「最近の若者は食べ物を無駄にする」や「今の若者は食べ物の有難味がわかっていない」などの話を一切されなかったことだ。恐る恐るその理由を伺うと、「時代が変わってしまった。だから頭ごなしに若い世代に押し付けることはできない」という答えが返ってきた。

 しかしお二人は最後に「戦争が嫌だということは身にしみている。もうあんなことは繰り返してはならない」と言った。70年もの間、この思いだけは守り続けてきたと思わせるほど、力のこもった言葉だった。

 例え時代が流れ、人々の価値観が変わったとしても、守り続けていかなければならない思いがある。そして守り続けていく役目は、私たち若い世代にしかできないことだ。お二人の証言が私にそう気付かせてくれた。


[PR]

by tamatanweb | 2015-08-01 00:00

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 台湾二二八事件で虐殺された日本人   

経済学部三年 名越大耕

 私が執筆したルポルタージュが『中央評論』春号(中央大学出版部)に掲載された。題名は「台湾二二八事件で虐殺された日本人-基隆・社寮島の悲劇-」。私の所属するFLP松野良一ゼミでは、二〇一二年から、中央大学出身の二二八事件受難者遺族から話を聞き、その証言を記録する活動を行っている。今回、私が取材したのはこれまで取材した中央大学卒業生の方々とは境遇が異なる。日本人の事件受難者家族だ。

 二〇一四年五月、私は国会図書館にいた。台湾二二八事件をもっとよく知るためだ。国会図書館には日本全国の書物があるという。私は、これまで勉強してきたこと以外に知られていない事実があるのではないかと思い、同事件の資料を探した。しかし、一日かけて資料を探したものの見つけることができたのは両手で数えられる程度。しかもその半数は読んだことがあるものであった。

 そんな中でも、一つの文献に目が留まる。「台湾二二八事件と沖縄 六〇年目の真相」(二〇〇七年五月三一日)。沖縄大学の又吉盛清教授が書いた論文だ。論文を読むと、事件に日本人が巻き込まれているという。これまで、台湾の方々が虐殺されたという事実しか知らなかった私にとって、衝撃的であった。一体なぜ日本人が巻き込まれたのか、何人の日本人が巻き込まれたのか。多くの疑問が頭をよぎった。私は、この事実をもっと詳しく知りたいと思い、すぐさま又吉教授の連絡先を調べ、連絡をした。すると、沖縄では「台湾二二八事件、真実を求める沖縄の会」という事件受難者の遺族で構成される会が存在していることを知った。又吉教授から、その会の代表世話人を務める青山惠昭(けいしょう)さんを紹介してくださった。

 二〇一四年一〇月二二日、私は青山惠昭さんに話を伺うため沖縄県浦添市に向かった。

 惠昭さんは、父親である青山惠先(えさき)氏が同事件で受難している。私は青山さんに、父親が国民党に連行される前後の話や事件後の生活を中心に話を伺った。取材中、私は一つ気になることがあった。私の質問に対する青山さんの答えの中に、「~らしい」「~と思われる」という語尾が頻繁に使われたことである。事件発生から今年で六八年が経過し、事件当時、惠昭さんは五歳であったため当時のことを覚えていないのは無理もないことだ。しかし、それにしても多くの質問に不確定な答えが続く。私はここで、事件の闇の深さを痛感した。それでも、事件について惠昭さんが話す言葉からは、受け止めきれないほどの思いがあることを感じた。

 私はこのプロジェクトに参加した際、ジャーナリストの仕事を体験したいと強く思っていた。しかし、取材をしながら惠昭さんの父への思いを聞くと、この理不尽な悲劇を一人でも多くの人に知ってもらいたいと思った。台湾二二八事件に日本人が巻き込まれているという事実を知る人は一体どれほどいるのであろうか。もっと多くの人に知ってもらい、惠昭さんをはじめとする受難者家族の方々の気持ちが少しでも晴れてほしいと思う。

 取材を終えた後、惠昭さんの思いを何とか文章にしようと試みるが、上手く伝わらず何度も修正を受けた。一体誰の文章なのかと思うくらいに修正を受け、常に悩んでいた。また、このルポタージュを執筆するにあたり沖縄、台湾に四か月間で四回取材に行き、資金を工面するにも四苦八苦。原稿がゲラとなるまであらゆる面で辛いことばかりであった。

 ようやく私が執筆した原稿がゲラになり、すぐに青山さんへ送った。確認の電話をした際に青山さんはこう話された。

 「本当にありがとう。孫にも見せているよ」

 たった一言ではあるが、私は心の底から嬉しかった。この言葉は私の今後の人生で決して忘れることがないだろう。


[PR]

by tamatanweb | 2015-08-01 00:00