無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 私が、二回泣いた理由(わけ)   

総合政策学部国際政策文化学科三年 住田達

 私は、福井県の小さな町で泣いた。それも二年連続である。なぜ福井県の小さな町で涙を流したのか。私は、その涙の理由を考えてみることにした。なぜなら、この涙の理由を探ることは、私の大学生活における大切な経験を振り返ることにつながると考えたからである。
私が涙を流した土地は、福井県大飯郡高浜町。再稼働するかどうか注目されている高浜原発がある場所である。東京から遠く離れたこの小さな町に私が行った理由は「若狭たかはま子ども放送局」というプロジェクトがあったからである。このプロジェクトは、FLP松野良一ゼミの学生が現地の子どもたちと共に地域再発見番組を制作するというもので、もう一〇年以上続いている。私は、このプロジェクトに二〇一四年夏と二〇一五年夏と二度参加した。現地で行う活動は全三日間で、夏祭り「漁火想(いさりびそう)」をリポートしてもらい、徹夜で作品を完成させ、最終日には、制作した番組を上映する。子どもの保護者や観光協会の方々、お世話になった宿の方などに見ていただいて批評をいただくというプロジェクトである。私は、その上映会の場において、二年連続で涙を流してしまった。(写真1)
 今振り返ると私の涙には、二つの理由があったように思う。
一つ目は、「プレッシャーからの解放感」である。地理的問題から事前に現地の下見ができなかった。本番数か月前からクルーでの会議や高浜の方々とのメールや電話を繰り返した。特に、二〇一五年はプロデューサーという統括の立場であったため、プロジェクトを無事終えることができるかという不安のほかに、撮影クルーや子どもたちの体調管理など、本番まで様々な不安が積み重なった。上映が終わりプロジェクトが無事に完結した時、安堵感と協力してくれた人々への感謝の気持ちから涙が止めどもなく溢れてしまった。
二つ目は、高浜の人たちの上映後の拍手と感謝の言葉をもらったためである。上映が終わると観光協会の方や保護者の方々から次々と「ありがとう」と言われた。また、リポーターを務めてくれた五人の小学生は、「子ども放送局に参加できてよかった。また、来年、高浜で待ってるで!」と目を潤ませながら言ってくれた。我々大学生のクルーに至らない点は数多くあったと思う。しかし、最終的に地元の方々に喜んでいただけることが、私としては最大の喜びであり、やりがいを感じるものであった。こうした感情が重なり、私は、高浜で涙をこらえることができなかった。(写真2)
 今、過去二年間に制作した番組を見ると様々な感情がよみがえる。子ども放送局がなければ決して行くことがなかった遠く離れた小さな町。決して出会うことがなかった人々。自分が育った環境とは異なる小さな町の夏祭り。そこに集う様々な想いを持った人々と触れ合い、そして、かけがえのない経験をさせてもらった。
 お祭りの実行委員長が、子どもリポーターのインタビューに対してこう言った。(写真3)「この海をずっとずっと守っていきたいと思います。みなさんも大きくなったら協力してね!」
 原発と隣り合わせで生活をしながらも、誰よりも高浜という地を愛し、自分たちの手でその魅力を守っていこうとする彼らの姿は、とても印象的であり、感動的であった。
大学入学時には想像もしていなかったこの二年間の経験は、これからの私に、生きる上での力を与えてくれたものだった。
[PR]

# by tamatanweb | 2016-01-01 00:00 | 高浜子ども放送局

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 元特攻志願兵の証言―中大OBの記憶を後世に   

経済学部国際経済学科三年 名越大耕

FLP松野良一ゼミは二〇〇七年から戦争を体験した中大OBにインタビューして、その証言を記録する作業を進めてきた。その成果は書籍『戦争を生きた先輩たち』(中大出版部、全二巻)として刊行されている。私は今回、先輩たちを再取材し、映像としてアーカイブ化するプロジェクト・リーダーを担当することになった。
活字だけでなく映像でも証言を残しておきたいと思ったのは、映像は情緒的なデータも保存可能であるからだ。
私がインタビューしたのは京都府舞鶴市に住む元特攻志願兵の神原崙(たかし)さん(九一)。私と神原さんは同じ中央大学の在学生と卒業生ということでしか共通点が無かった。このため、見ず知らずの私を受け入れ、本音を話してくださるのか非常に不安であった。
私は実際に舞鶴市の自宅を訪問した。取材を受け入れて頂けたことにを感謝すると、神原さんは「大学の後輩の為ならば求められたことは全力でする。その代り、君たちも全力で僕の言葉を聞いてくれ」と話された。それを聞いて、私はとても嬉しかった。
神原さんは、特攻隊に志願した理由について、こう語った。
「いづれ招集されて歩兵として南方戦線で突撃命令を受けて玉砕するだろう。であれば、特攻隊に志願して、自分の意志で敵艦に体当たりして潔く死にたいと思った」
厳しい訓練の後、本土決戦の特攻隊要員として、朝鮮半島の温井里飛行場で待機していた。特攻に使う飛行機は、一式千「隼」であった。
しかし、一九四五年八月一五日、終戦。神原さんたちは、軍刀を持って裏山に集合させられた。「皆、てっきり自決するものだと思っていた」という。そこで、隊長がこう語ったという。
「お前たちは元々、学生じゃないか。今から日本の国にとって大事な体や。連合国の捕虜になってでも恥を忍んで、日本を救う道はどうや」
神原さんは、その隊長の言葉を聞いて、生きていくことを決心したという。
取材中、一番印象的であったことがあった。神原さんは終戦までの出来事を淡々と話された後、終戦後の母親との再会の話になった。すると一転して嗚咽された。語られた記憶は、とても鮮明だった。「お袋にこうやって、顔を撫でてもらった。『兄ちゃんかな』と言いながら、お袋が撫でてくれた。もう忘れられないから…」
軍人から一人の子どもに戻られた瞬間だった。七〇年前の出来事をまるで昨日のことのように思い出し、号泣される神原さん。私はその姿を見ながら、特攻を志願しなければならなかった時代の一人の大学生の本当の思いを知ったような気がした。
も、実際に舞鶴市へ足を運び、神原さんから直接お話を伺うことができたからであろう。
取材の最後に、神原さんは、こう強調された。
「私と同じ経験をしてほしくない」
戦争を知らない私が、今後戦争を二度と起こさせないためにできることは、戦争経験者の話を聞き、よく理解し、それを後世に受け継いでいくことだと改めて実感した。今回、貴重な機会を得たことに深く感謝したい。
[PR]

# by tamatanweb | 2016-01-01 00:00 | 制作日誌

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 高浜一色の夏   

総合政策学部国際政策文化学科二年 清水千景

 6月中旬。私は「若狭たかはま子ども放送局」のディレクターとして、活動に携わることとなった。「若狭たかはま子ども放送局」とは、福井県大飯郡高浜町で、地元の子ども達とともに「地元の魅力を再発見」をテーマに、番組を制作するプロジェクトである。
正直に述べると、当初この活動に関わる予定ではなかった。元々、別にディレクターがおり、高浜でネタ探しを行った時、同じ日に2つのお祭りが行われることを発見した。2つのお祭りを別々にリポートしたら面白いのではないか、ということで、各お祭りに1人ずつディレクターを立てることになり、私も参加することになった。こうして、高浜町高浜地区で行われる「漁火想(いさりびそう)」と、高浜町内浦地区で行われる「来てミナーレ内浦」という2つのお祭りを題材に、私の夏休みが高浜一色に染まることになった。
 「若狭たかはま子ども放送局」で難しいことは、活動場所が福井県のため事前取材、ロケハンが出来ないことだ。したがって事前に子ども達との交流や、撮影に使う場所の確認をすることが出来ない。これまでのゼミ活動の中で、事前取材、ロケハンの大切さや、取材対象者と仲良くなることで撮影の内容も大きく変わるということを学んでいた。そのため、これまでとは違う撮影にとても不安が募るばかりであった。実際に高浜町で活動できるのは、3日間しか無い。この3日間の中で私たちは事前取材、ロケハン、撮影、編集、上映を行わなければならない。「子ども達と仲良くなれるだろうか」「自分に与えられた役割をしっかりと行うことが出来るだろうか」。いくら準備しても拭いきれない不安の中で、「とにかく、東京で出来ることは全てやろう」と思った。何度もクルー会議を重ね、あらゆることに対応できるように準備をした。
 迎えた8月下旬。曇天の中、不安な気持ちと共に福井県に向かった。1日目は子ども達との企画会議、ロケハンを行った。子ども達と初めて顔合わせをした時、子ども達はとても元気に会議に参加してくれた。子ども達が自発的に意見を言ってくれる姿を見て、次の日の撮影が楽しみになった。
 2日目。この日はお祭り当日、そして撮影本番の日だった。朝起きて窓の外を見てみると、「台風?」と思ってしまうような強い風と横殴りの雨だった。クルー全員が、雨が止みお祭りが決行されることだけを祈った。祈りが通じたのか、朝食を食べ終わる頃にはなんとか雨は上がった。今にも降り出しそうな天気の中行われた撮影は、先輩方と子ども達におんぶにだっこといった状態だった。子ども達は撮影を重ねるごとに、カンペがなくても、自分で取材対象者に話を振れるようになった。私が指示を間違え、もう一度撮影しなくてはならなくなったときがあった。その時も子ども達は「大丈夫!気にすんなよ!」と、大人びた口調で慰めてくれた。また、朝早くから夜遅くまで続いた撮影も、子ども達は最後まで元気に乗り切ってくれた。この撮影が成功したのも、ひとえに子ども達のおかげだ。この短期間で子どもの成長を間近で実感することが出来た。
撮影終了後、怒濤の編集を終え3日目を迎えた。この日は上映会が行われた。上映会は終始笑い声に包まれ、無事高浜で過ごした3日間の幕を閉じた。
 この活動を通して、高浜町の1番の魅力は人の温かさだと思った。年齢の壁など関係なく、誰とでも仲良くなれる子ども達。私たちがミスをしても笑い飛ばしてくれ、一緒に悩んでくれる方々。高浜を離れる時、子ども達はしきりに「来年も来てくれるよね?」「また会えるよね?」と口にした。その言葉が何よりも嬉しかった。こんな暖かい方々と一緒に活動できて、本当に貴重な時間を過ごすことができたと思う。
 来年も必ず高浜町に行こう。
 私は今回、成長することができたのだろうか。子ども達に引っ張られ、先輩に背中を押してもらって何とか最後まで遂げることができた活動だった。ただ、この「最後までやり遂げることができた」ということが、私の次への自信に繋がったと思う。
 来年の夏休みはどのように過ごすのだろう。来年も「未来の自分」に向かって1つ自信を付けられるような夏にしたい。
[PR]

# by tamatanweb | 2015-12-01 00:00 | 高浜子ども放送局

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 原発の町の「子ども放送局」-何を可視化させてきたのか   

法学部法律学科二年 西山周

 「若狭たかはま子ども放送局」(2015年8月福井県高浜町で開催)の準備作業が、同年5月から始まった。私はそのディレクターを務めることになった。私にとって、1番早く決まった夏休みの予定であった。その時はまだ、これまでの人生で最も印象的な夏になるとは思ってもみなかった。
高浜町とは、福井県の最西端に位置している自然豊かな町である。主な産業は、漁業や観光産業である。近年過疎化が進んでおり、2009年には4つの学校が廃校になっている。小さな漁村である高浜町が生き残るために選んだものが、原子力発電所の誘致だった。この町は、自然景観と原発、危険性と補助金、観光と風評、というような複数の「矛盾」を抱えながら生きてきた。実際に若狭高浜観光協会によれば、2004年、美浜原発で11人が死傷する事故が発生した時は、約2000件の民宿キャンセルが発生したという。そのような中、どうして10年以上も外部の人間、つまり中央大学の学生たちがプロデュースする「若狭たかはま子ども放送局」が続いてきたのか。その答えは、高浜町を訪れるまで分からなかった。
 撮影当日、いざ撮影しようとすると思うようにいかない。それは、インタビューを受けた観光客が緊張していたこともあるが、何より私が一番緊張していた。その緊張が観光客に伝わったのか、その観光客はなかなか心を開いてくれなかった。その中で、雰囲気を変えたのが子どもの笑顔だった。子どもの笑顔を見て、その観光客もニコッと笑った。インタビューは、そこから順調に進んだ。
撮影が始まる前、私の役割は、番組制作方法を子どもに教えることだと思っていた。しかし今回の撮影で、相手に心を開いてもらうことがインタビューする上で最も大切なことだと、子どもたちから教わった。ただ、この時もまだ、この番組制作が高浜町で長年行われてきた理由は分からないままであった。
その答えを見つけたのは、撮影したVTRを見直していた時だった。子どもが、漁師をしている船長さんに、高浜町への思いを聞いた。すると、船長さんはこう答えた。
「海がきれい。大阪にも出稼ぎに行っていたが、子どものころからずっと見てきたこの海が一番きれい。だから、また高浜に戻って約25年間漁師をやっているんだよ」
一人の初老の男性が、海の美しさとともに故郷への思いを語っている場面であった。これは一見何気ないカットなのかもしれない。しかし、私はこの番組が長く続く理由を、そのカットの中に見出したような気がした。もし私が、ここで子どもたちと同じように質問をしたら、船長さんはあの笑顔で同じ言葉を返してくれただろうか。恐らく聞いたのが同じ町に住む子どもだから、あの映像が撮れた。同じ町の子どもたちだからこそ、町の人々の無意識にあるものを可視化できたのだろうと思った。
 高浜町は、いくつもの「矛盾」を抱えながら歩んできた。町の人々の心の中には、現状に対する不安もあるだろう。しかし、一方で、町への愛着や誇りがあることも確かだ。その愛着や誇りを、「若狭たかはま子ども放送局」は可視化し続けてきた。
これが「若狭たかはま子ども放送局」が10年以上も続いてきた理由であり、私たちが高浜町に残すことができたものではないだろうか。
高浜町の青い海と青い空を思い出しながら、私は強くそう思った。
[PR]

# by tamatanweb | 2015-12-01 00:00 | 高浜子ども放送局

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 シバくんと町のたばこ屋   

法学部国際企業関係法学科三年 尾崎梓

 「家から一番近いたばこ屋さんを紹介してほしい」

 そう言われてすぐに答えられる人は今、どれだけいるだろうか。数年前から一層強まった嫌煙ブームの影響もあり、たばこ屋さんは町からずいぶんと姿を消してしまった。健康志向なのは良い風潮だが、シャッターが下りたままのたばこ屋さんを見かけると、どこかさみしい気もする。そんな中、毎日たくさんの人が集まってくるたばこ屋さんが東京都小金井市にあるという。いったい何が人々を店に呼び込んでいるのか?訪ねてみると、店前に集まる人々の輪の中心にいたのは、なんと一匹の柴犬だった。

 犬の名前はシバくん。今年で七歳になるオス犬だ。「シバくん人気に火が付いたきっかけは、二〇〇三年にインターネット上で公開された一本の動画だった」と、店主の鈴木さんは語る。その動画には、お客さんがやって来たとわかると勢いよく店の扉をあけて出迎えるシバくんの姿が写っていた。その姿の珍しさと愛らしさに惹かれて、国外からもお客さんがやってくるという。国内だけでなく海外のファンも持つたばこ屋の看板犬・シバくんに興味を持った私は、お店で丸一日、密着取材をさせてもらうことにした。

 取材に行ったこの日、お店にやって来たお客さんは約二〇人ほどだった。しかしこの数は少ないほうであり、多い日には一日で五〇人ほどのお客さんがやって来たこともあると聞き、とても驚いた。そんなにたくさんの人が訪れるならば、と取材前からずっと気になっていた商売の話題を鈴木さんに聞いてみた。鈴木さんは、「確かに動画をきっかけにお客さんの数は飛躍的に増え、シバくんに会いに来た記念にたばこやお菓子を買って帰る人も多い。だけど犬を商売に利用しようと思ったことはないし、これからもそのつもりはない」

 そしてシバくんに優しく微笑みかけながら、こう付け加えた。

 「ただ、お客さんがシバくんに会いに来て、癒されてくれればいいと思っている。そして元気になって帰っていただければ、それだけで十分」

 お店に人を集めるきっかけはシバ君にあるのかもしれない。しかし、ここまで噂が広がり、多くの人が集まってくるお店になったのは、店主の鈴木さんの人柄の良さも大きいと思った。生活のための商売であっても、お客さんのことを第一に考えるその姿勢が、多くのお客さんを呼ぶのだろう。

 今回取材したたばこ屋さんは、国内外から人が集まる憩いの場となっていた。インターネットをきっかけにして生まれたそのコミュニティに国境はなく、言葉が通じなくとも人々が笑顔になれる、そんな素敵なお店だった。次は私もお客さんとしてシバくんに会いに行ってみようと思う(たばこは吸わないのでお菓子目当てのお客として)。そこではどんな出会いが待っているのだろうか。今から、とても楽しみだ。


[PR]

# by tamatanweb | 2015-11-01 00:00