無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 いち学生が戦争体験を聴くことの意味   

総合政策学部政策科学科四年 澤田紫門

 「どんぐりと戦争」。ある冊子のタイトルだ。およそ似つかわしくない二つの言葉に、私は興味を持った。2014年2月のことである。その後、冊子の作者である調布市史研究家の古橋研一さんに話を聴いた。戦後の日本は食糧不足に陥っていた。全国の小学生児童にどんぐり採集を義務付け、どんぐりを使ったパン、乾パン、お焼きなどが食糧不足を補っていた。調布市にあった東京重機工業(現、JUKI株式会社)では、どんぐりの食品加工をしていた。

 特攻隊、学徒出陣、沖縄地上戦など、自分が知っている戦争体験の多くが戦時中のもの。戦後の人々の生活に、私は目を向けていないと感じた。まさかどんぐりを食べなければならないほど困窮した生活を送っていたとは私は考えもしなかった。だからこそ、戦後の食糧難をテーマにした番組を制作したいと決心した。

 古橋さんのご協力もあってか、何とか当時を知る兄弟を探し出した。兄の石井三衛さんと弟の石井成行さんだ。お二人ともどんぐり採集を体験し、成行さんはどんぐりの乾パンを食べたことがあるという。

 撮影依頼をしたが、一度断られた。「もっと辛い体験をしたひとは大勢いる。彼らの前で戦後の体験を論じるのは気が進まない」。過酷な体験をされてきた方だからこその思いであった。しかし私は折れなかった。戦争を知らない人たちのために証言を遺したいと愚直に思いを伝え続けると、撮影を許可して下さった。

 お二人は農家出身で、終戦後に農作業をよく手伝っていたという。しかし政府に作物を供出しなければならず、自分たちで作った作物を満足に食べることも叶わなかった。

 取材を進めていく中で、ひとつ疑問に思ったことがある。それはお二人とも「最近の若者は食べ物を無駄にする」や「今の若者は食べ物の有難味がわかっていない」などの話を一切されなかったことだ。恐る恐るその理由を伺うと、「時代が変わってしまった。だから頭ごなしに若い世代に押し付けることはできない」という答えが返ってきた。

 しかしお二人は最後に「戦争が嫌だということは身にしみている。もうあんなことは繰り返してはならない」と言った。70年もの間、この思いだけは守り続けてきたと思わせるほど、力のこもった言葉だった。

 例え時代が流れ、人々の価値観が変わったとしても、守り続けていかなければならない思いがある。そして守り続けていく役目は、私たち若い世代にしかできないことだ。お二人の証言が私にそう気付かせてくれた。


[PR]

# by tamatanweb | 2015-08-01 00:00

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 台湾二二八事件で虐殺された日本人   

経済学部三年 名越大耕

 私が執筆したルポルタージュが『中央評論』春号(中央大学出版部)に掲載された。題名は「台湾二二八事件で虐殺された日本人-基隆・社寮島の悲劇-」。私の所属するFLP松野良一ゼミでは、二〇一二年から、中央大学出身の二二八事件受難者遺族から話を聞き、その証言を記録する活動を行っている。今回、私が取材したのはこれまで取材した中央大学卒業生の方々とは境遇が異なる。日本人の事件受難者家族だ。

 二〇一四年五月、私は国会図書館にいた。台湾二二八事件をもっとよく知るためだ。国会図書館には日本全国の書物があるという。私は、これまで勉強してきたこと以外に知られていない事実があるのではないかと思い、同事件の資料を探した。しかし、一日かけて資料を探したものの見つけることができたのは両手で数えられる程度。しかもその半数は読んだことがあるものであった。

 そんな中でも、一つの文献に目が留まる。「台湾二二八事件と沖縄 六〇年目の真相」(二〇〇七年五月三一日)。沖縄大学の又吉盛清教授が書いた論文だ。論文を読むと、事件に日本人が巻き込まれているという。これまで、台湾の方々が虐殺されたという事実しか知らなかった私にとって、衝撃的であった。一体なぜ日本人が巻き込まれたのか、何人の日本人が巻き込まれたのか。多くの疑問が頭をよぎった。私は、この事実をもっと詳しく知りたいと思い、すぐさま又吉教授の連絡先を調べ、連絡をした。すると、沖縄では「台湾二二八事件、真実を求める沖縄の会」という事件受難者の遺族で構成される会が存在していることを知った。又吉教授から、その会の代表世話人を務める青山惠昭(けいしょう)さんを紹介してくださった。

 二〇一四年一〇月二二日、私は青山惠昭さんに話を伺うため沖縄県浦添市に向かった。

 惠昭さんは、父親である青山惠先(えさき)氏が同事件で受難している。私は青山さんに、父親が国民党に連行される前後の話や事件後の生活を中心に話を伺った。取材中、私は一つ気になることがあった。私の質問に対する青山さんの答えの中に、「~らしい」「~と思われる」という語尾が頻繁に使われたことである。事件発生から今年で六八年が経過し、事件当時、惠昭さんは五歳であったため当時のことを覚えていないのは無理もないことだ。しかし、それにしても多くの質問に不確定な答えが続く。私はここで、事件の闇の深さを痛感した。それでも、事件について惠昭さんが話す言葉からは、受け止めきれないほどの思いがあることを感じた。

 私はこのプロジェクトに参加した際、ジャーナリストの仕事を体験したいと強く思っていた。しかし、取材をしながら惠昭さんの父への思いを聞くと、この理不尽な悲劇を一人でも多くの人に知ってもらいたいと思った。台湾二二八事件に日本人が巻き込まれているという事実を知る人は一体どれほどいるのであろうか。もっと多くの人に知ってもらい、惠昭さんをはじめとする受難者家族の方々の気持ちが少しでも晴れてほしいと思う。

 取材を終えた後、惠昭さんの思いを何とか文章にしようと試みるが、上手く伝わらず何度も修正を受けた。一体誰の文章なのかと思うくらいに修正を受け、常に悩んでいた。また、このルポタージュを執筆するにあたり沖縄、台湾に四か月間で四回取材に行き、資金を工面するにも四苦八苦。原稿がゲラとなるまであらゆる面で辛いことばかりであった。

 ようやく私が執筆した原稿がゲラになり、すぐに青山さんへ送った。確認の電話をした際に青山さんはこう話された。

 「本当にありがとう。孫にも見せているよ」

 たった一言ではあるが、私は心の底から嬉しかった。この言葉は私の今後の人生で決して忘れることがないだろう。


[PR]

# by tamatanweb | 2015-08-01 00:00

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 青い目の人形プロジェクト(Doll project)   

法学部法律学科 平成26年度卒業 森亮介

 私は多摩探検隊で「青い目の人形」プロジェクト(Doll Project)に関するドキュメンタリーを制作した。同プロジェクトとは、一九二七年に日米親善のために、アメリカから日本に大量の「青い目の人形」が贈られたことをいう。なぜ、人形は贈られたのか。それを説明するには、当時の歴史を理解せねばならない。

 一九〇五年、日露戦争に勝利し満州の権益を握った日本は、同じく満州の権益獲得を目指していたアメリカの不信感を招いた。さらにアメリカ国内では、低賃金でよく働く日本人移民がアメリカ人の仕事を奪うとして排日感情が高まり、一九二四年に排日移民法が成立した。アジア移民の大半である日本人が排除されることとなったため、日本では逆に、米国に対する抗議活動が起きた。この日米間の関係悪化を危惧した人物がいた。約二〇年間、日本の教育に従事した親日家のシドニー・ルイス・ギューリック牧師だった。「平和の実現には、幼少期からの異文化理解が大切」。そう考えたギューリック牧師は、 日本に古くから根付いている人形文化に注目し、三月三日の雛祭りにアメリカ人形を贈る計画を立てた。伝統行事にアメリカ人形を加えることが、子供達の異文化理解の糸口になると考えたのである。これに共感した実業家・渋沢栄一氏が仲介となり、一九二七年三月、アメリカ人形一万二七三九体が日本の小学校・幼稚園へ贈られた。返礼として、日本人形五八体が海を渡った。日本においては「青い目の人形」と親しまれ大歓迎を受けた。しかし、太平洋戦争勃発と同時に敵国人形として扱われ始めた。「敵国人形を叩き壊せ」と世論が煽られると、「青い目の人形」を竹やりで突いたり燃やしたりする運動が全国各地で起きた。

 東京都日の出町に住む清水浩さん(八〇)は国民学校三年生の時、登校時に門のところで「青い目の人形」を強制的に踏みつけさせられて学校に入った。「変なことをしてしまったという思いと、踏んだ時の嫌な感触が今でも忘れられない」と語る。九〇〇〇体以上が処分された。しかし、「人形に罪は無い」と考える人達が、人形をこっそり匿ったこともあって、今でも全国で約三百体が現存している。

 多摩でも戦火を逃れ現存している人形はあるのか。調べてみると、八王子市と檜原村の小学校に保存されていることがわかった。国家間の政治的緊張を文化的に和らげようとしたこの計画を知ることは、現代でも平和を考える糸口になる。そう考えた私は、この歴史的な物語を掘り起して番組を作ろうと思った。

 取材した八王子市立第八小学校では、青い目の人形「メアリー」が保存されている。そして「メアリー」を教材に平和学習が行われている。人形がどのように保存されるに至ったかを物語にし、演劇を行ったそうだ。授業を担当した門田智子先生は、戦争の歴史を教えることから始めた。怖がる児童もいたが、学ばせ続けると「戦争を乗り越えたメアリーを大切にしたい」と子どもたちは理解し始めたと言う。

 活動について、渋沢栄一氏の関係者は知っているのだろうか。私は孫の鮫島純子さん(九三)を訪ねた。「プロジェクトは戦前の一時の行事でしかないと思っていた」と話す鮫島さん。しかし、八王子市立第八小学校の取り組みを知ると涙を流して喜んだ。そして私の提案により、感謝の気持ち込めて第八小学校で講演を行うことが決定した。

 「八八年前にまかれた種が、再び芽を生やしたことを嬉しく思います。次はあなた方が平和を作る番です。どうか、宜しくお願い致します」。鮫島さんの話を真剣に聞く子供達を見て、私は心を打たれた。

 今年、日本は戦後七〇年を迎えた。この放送が「平和」について考えるきっかけになってもらえれば、制作者として幸いである。


[PR]

# by tamatanweb | 2015-07-01 00:00

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 児童劇に秘められた平和への思い   

法学部法律学科 平成26年度卒業 幸田遥平

 「青い眼をした お人形は アメリカ生まれの セルロイド・・・」

 一九二一年に発表された『青い目の人形』という童謡の歌詞である。『赤い靴』と同様、戦前特有の異国情緒あふれる童謡だ。祖母が料理の支度中に口ずさんでいるのを、私は聞いたことがあった。祖母によると、当時の子どもはみんな歌えたという。
 今回の多摩探検隊は、一九二一年の『青い目の人形』プロジェクトに隠された日米間の悲劇と交流を追ったドキュメンタリーとなっている。私が辿った制作の道のりについて、ご紹介したいと思う。

 同プロジェクトは八八年前の事柄であるため、話を伺える取材対象者を見つけるのに苦労すると予想していた。私たちは闇雲に青い目の人形に関する資料がある、いくつかの資料館へ赴いた。初めに訪れたのは、青い目の人形を題材にしたアニメーションを定時上映している埼玉平和資料館であった。アニメーションを見終え、本の資料を読み漁っていると、多摩地域では八王子市立第八小学校と、東京都檜原村立小学校および東京都あきる野市立戸倉小学校(二〇一三年三月三一日に閉校)に、青い目の人形が保存されていることを発見した。

 そこからさらに、取材対象者を探し出し、ついに、同プロジェクトを始めた米国人宣教師、シドニー・ギューリック氏の孫、および日本側の渋沢栄一氏の孫を探し出すことに成功した。取材対象者が多かったために、私たちは三人で分担して取材対象者と関係を築くように努めた。そこで私は、檜原小学校と第八小学校の二校と密に連絡を取った。

 第八小学校の彦坂和宣校長先生に何度かお会いすると、青い目の人形(メアリー)を使って、積極的に平和学習を行っている教師を紹介して頂いた。私は青い目の人形に関する授業が、現在も行われていることに驚いた。実際にその担当教諭である門田智子先生にお会いすると、私たち学生が青い目の人形に興味を持ったことを歓迎してくれた。

 門田先生は、青い目の人形が贈られた当時の歴史背景から、現在に至るまでの経緯を冊子にまとめられていた。そして、児童たちがその冊子で青い目の人形について理解してから、児童劇の制作に取り掛かったという。実際に一昨年行われたその劇を、DVDで見させていただいた。私は思わず全身に鳥肌が立ってしまった。その劇には、見事に「青い目の人形」の悲劇と平和への思いが描かれていたからだ。八〇年以上も前の事柄で、もう風化しつつあると勝手に思い込んでいたものが、時空を超えて、プロジェクトの精神が今も受け継がれていることに感動した。

 「自分の受け持った児童が素直で前向きで賢いから出来ると思いました。また教員のやることを認めてくれる寛大な校長先生の下であったからこそ、劇を作り上げることが出来ました」と、門田先生は話した。

 ドキュメンタリー制作は地味で体力的にも精神的にも疲れる作業が多く、「一体何のために作っているんだろう」と何度も悩むことがあった。しかし、私たちが制作したドキュメンタリーが誰かの心に届き、私の知らないところまで、平和への想いが広がっていったら、こんな素敵なことはないと思う。


[PR]

# by tamatanweb | 2015-07-01 00:00

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 筆じゃない、木目だから伝えられること   

商学部経営学科三年 竹内義貴

 組み木絵は、自然の木が持つ独特の木目と色合いだけで表現された絵である。私が「組み木絵」を初めて見た時、幼い頃の温かな記憶が思い出された。母方の実家の群馬県片品村で、手につく土や泥にも気にせず、トンボを捕ったり、水が張った田んぼでカブトエビを捕ったり、自然の中を駆けまわった日々が頭の中を巡る。どこか懐かしさを感じさせる組み木絵の不思議な世界観の虜になった。まさに一目惚れである。

 その組み木絵の生みの親が今回取材した、中村道雄さん(67)だ。30年間以上、組み木絵を製作している。組み木絵とは自然の木が持つ独特の木目と色合いだけで表現された絵である。

 私は、多摩地域の情報誌で中村さんを知った。その記事のインタビュー中に、「人間も自然の一員ということを伝えたい」という中村さんの言葉があった。この言葉、正直ぴんと来なかった。だからこそ、この記事よりもっと踏み込んだ取材をしたい。そして組み木絵を製作しようとした中村道雄という人間を知りたくなった。早速、取材を申し込む電話をした。
少し興奮気味だったせいか電話のコール音が心拍数の様に鳴り響くのがわかった。中村さんが電話にでた。興奮を隠しきれず、情報誌をみて思ったことを長々と喋ってしまった。しかし熱意は伝わったのか、中村さんは嬉しそうに取材を引き受けてくれた。

 取材当日、大学から電車に揺られること1時間、東京とは思えないほど木々が生い茂る日の出町に中村さんの自宅があった。中村さんご夫婦が出迎えてくれた。白いひげをたくわえた中村さんは、いかにも芸術家らしい姿であった。昔カフェをしていたこともあり、挽きたてコーヒーを御馳走になり、温かい雰囲気の中、取材は始まった。

 中村さんは30代になるまでイラストレーターとして活動していたそうだ。そんな折、高度経済成長期による環境問題で、故郷の岐阜県養老町の川が汚染される現実を目の当たりにした。中村さんは故郷の川の汚染をきっかけに、環境問題への危機感が膨れていく。そして1983年に、組み木絵という独自の表現方法を編み出した。自然の木で作られた絵によって、自然と向き合うきっかけを提示し続けている。現在では6冊の絵本を出版、全国各地で展示会を開催し、精力的に活動している。

 そして本題の「人間も自然の一員だ」について中村さんは口を開いた。その瞬間、限られた10分間という尺の中でもメインのインタビューだと感じ取った。息を呑んで、聞き入った。

 「人間は便利な世の中を作るために、環境を破壊してきた。正直な話、地球にとっては、人間がいないほうがずっと良い世界だと思う。けどそんなことも言っていられない。だから人は、自然の中で生かされていると思う必要がある」。
続けざまに、中村さんは語る。「でも説教臭くて誰もそんなことをきいてくれないでしょ。だから私は組み木絵を作り続けている。木の温もり、そして幼いころに自然の中で遊んだ日々を懐かしんでもらい、自然としっかりと向き合う機会を提供したい」と。

 ディレクターとしての緊張の糸は解けた。取材は無事に終わった。その帰り道、ふと気づいたことがある。組み木絵と出会うまでの私は、環境問題は規模が大きすぎて自分とは関係ないものにしていたことだ。しかし取材を通して、多くの人が「人間は自然の一員」だと意識しなければ、幼いころに抱いた、「自然への懐かしさ」を失うことに繋がると感じた。それは紛れも無く他人ごとではない、身近な問題だ。

 その後6ヶ月にも及ぶ編集作業を終え、番組を完成させることができた。番組作りを終えることができたのは、最後まで付き合って頂いた制作プロデューサー、そして不慣れな取材や撮影に答えてくれた中村さんご夫婦、撮影に協力していただけた方々のおかげだ。そしてがむしゃらに駆けまわった10ヶ月の制作期間に名前を付けるとしたら、「青春」の二文字が一番似合うだろう。


[PR]

# by tamatanweb | 2015-06-01 00:00