人気ブログランキング |

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 砂川の地で、学んだこと   

法学部法律学科四年 日野愛音



私が所属するFLP松野良一ゼミでは、毎年八月に、四年生が多摩探検隊を制作することになっている。テーマは、「戦争と平和」。今年は、「砂川闘争」をテーマにしたドキュメンタリーを制作した。私は制作補、番組ナレーターとして、制作に参加した。

私がゼミ生と共に砂川闘争について調べ始めたのは、二〇一二年六月のこと。闘争当時の様子を知るため、私たちは闘争参加者を探した。すると、かつて闘争に参加した栗原正男さん(七六)という方が、現在も砂川町で暮らしているという情報を手に入れた。彼に取材をするため、私たちは砂川町に向かった。

取材日当日。栗原さんの自宅を目指して、私はゼミ生と共にバスに揺られていた。その車内で、私は砂川闘争のある映像を思い出していた。基地拡張のため土地を測量しようとする測量隊や警官隊と、それに反対する住民たちが、激しく衝突している映像だ。砂川闘争を記録した映画に、収められていたものだった。

私には、その映像を見てから気になっていることがあった。映像を見るまで、土地と自分たちの生活を守るために住民の方は測量隊に抵抗したのだと、私は思っていた。しかし映像に映し出されていた闘争参加者は、それだけではない、もっと大きな何かを守ろうとしているように私には見えた。それは、私の勘違いなのか。闘争参加者は、どのような思いで測量隊に抵抗していたのか。私は、それを栗原さんに確かめたいと思っていた。

栗原さんのご自宅は、バス停から少し歩いたところにあった。栗原さんは「どうぞ」と私たちを自宅に招き入れてくれた。そしてご自身が体感した砂川闘争を、私たちに話してくれた。怒号。地響き。人々の表情。熱気――。警官隊と住民との衝突はまるで戦争状態だったと、栗原さんは言った。そのお話を聞いて、私は闘争の激しさを痛感した。

その後、栗原さんは家の裏にある畑を見せてくれた。衝突が起きた時には、多くの人が踏み込み、ぐちゃぐちゃになったという。闘争後また作り直したという畑は、綺麗に手入れされていた。そこで、私はずっと気になっていたことを栗原さんに質問した。闘争参加者がどのような思いで測量隊に抵抗していたのか、ということだ。

「生活を守るということはもちろんだけど、砂川町はもともと地が悪い場所で、先祖が苦労して開墾した土地なんだ。そんな先祖や自分が一生懸命育ててきた土地を手渡すことなんて、出来ないよ。『反対派』として最後まで抵抗し続けた人たちは、みんなそう思っていたよ」

農家の人は、土地と共に生きている。栗原さんは、そう話してくれた。私は、はっとした。農家の方々にとって、土地は、先祖代々の家族の歴史であり、生きてきた証なのだ、と思った。闘争の映像を見てから気になっていた、闘争参加者が守ろうとしていた「何か」は、そういった先祖代々積み重ねてきた歴史、だったのかもしれない。

砂川闘争の根本には、「土地と人との強い結びつき」がある。栗原さんの話を聞いて、私はそう感じた。そしてその深い繋がりは、時間や場所を問わない普遍的なものだと思った。今から五七年前に起きた砂川闘争という大規模な住民運動には、現代にも未来にも通じるものがあると私は感じた。砂川闘争を知る人が少なくなっているという今、闘争の証言を集め、その事実を少しでも多くの人に伝えたいと思った。

それから番組の撮影が始まった。私たちは、栗原さん以外にも学生として闘争に参加していた方や、反対運動を率いていた方のお孫さんなどにインタビューをした。取材をすればするほど、砂川闘争に参加した農家の方の「農家としての生活と、先祖代々続く歴史を守りたい」という、一途な思いが浮かび上がった。

撮影を終えた後は、ナレーション撮りを行った。番組の雰囲気を壊さないよう、声を低めに出す工夫をし、納得がいくまで何度も撮り直しを行った。そして七月末に、番組は完成。二〇一二年八月、『砂川の記憶―57年目の証言―』として、多摩地域と長崎県、福岡県のケーブルテレビ計八局で放送された。

番組制作に奮闘した二カ月を振り返って、砂川闘争に関する貴重な証言を集め、発信できたことを私はとても嬉しく思う。来年の四月から、私はマスコミ業界で働く。これから先、見知らぬ土地に足を運ぶこともきっと多くなるだろう。しかしどんな場所に行っても、そこで暮らす人々の土地への思いに敬意を払い、興味を持って接していきたいと思う。砂川町と、そこで出会った人々を時折思い出しながら...。

by tamatanweb | 2012-12-01 00:00 | 制作日誌

<< 未完の一○○点を追い続けるとい... 10年という軌跡 ―「若狭たか... >>