無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 たくさんの「猫の手」に助けられて   

法学部法律学科三年 本庄真衣

 みなさんは、多摩地域に「猫にまつわる神社」が三社(青梅市に二社、立川市に一社)あることをご存じだろうか。私は今回、私たちFLP松野ゼミの学生が制作する番組「多摩探検隊」で、猫神社を取り上げた番組のディレクターを務めた。

 私が多摩地域の「猫にまつわる神社」と出会ったのは、インターネットで神社を調べていた時だった。私は高校生の時から神社で巫女さんのアルバイトをしており、神社については以前から興味があった。三社の猫神社について調べを進めていくうちに、立川市砂川町にある阿豆佐味天(あずさみてん)神社に特に強い関心を持った。

 阿豆佐味天神社が「猫返し神社」として有名になったのは、今から約三〇年前。世界的に有名なジャズピアニスト・山下洋輔さんの愛猫が行方不明となり、捜索中に偶然通りかかった神社に参拝したら翌日猫が無事に戻ってきた、という話をエッセイに書いたところ全国的に広まり、「猫返し神社」として有名になった。

 神社の宮司さんはもちろん、「猫返し神社」と呼ばれるきっかけとなった山下さんのインタビュー映像も番組に入れたいと私は考えた。そこでさっそく、山下さんの事務所に電話をかけた。三月末、気候も暖かくなってきた頃なのに、電話を持つ私の手は震えていた。山下さんが取材を受けてくれるか、不安で仕方なかったからだ。山下さんは日本を代表するジャズピアニスト。国内外問わず活躍されているお忙しい方が、一学生の取材を受けてくれるのだろうか。取材をお願いしても、絶対断られると思っていた。

 しかし、そんなことは杞憂だった。事務所に電話をかけた数時間後、山下さんのマネージャーさんからメールが来た。「先ほどお電話いただいた山下洋輔へのインタビュー、四月五日(土)に晴海の第一生命ホールの楽屋でお引き受けします」。思わずパソコンの画面に向かって叫んでしまうくらい、私は本当に嬉しかった。取材に行く前はドキドキで、たった十五分の取材中も、緊張と不安で頭が真っ白になった。

 山下さんへの取材は無事終わり、今度は阿豆佐味天神社の宮司さんに取材をした。宮司さんのお話から、阿豆佐味天神社はもともと猫と直接関係のある神社ではなかったことが分かった。時代や人々の願いとともに神社の姿も変わっていく。しかし、時代が変わっても人々にとって神社が「心のよりどころ」であることは変わらない、ということを実感した一日だった。

 番組は無事完成し、九月と一〇月の二か月間にわたって放送された。昨年末には神社の宮司さんや山下さんに、お礼の挨拶も兼ねてDVDを届けに行った。多摩探検隊について「知り合いの方から『番組見たよ』という声がありました」、「境内の猫の像について、問い合わせが何件かありました」など、番組への反響をお聞きすることができた。

 今回、私が最後まで番組制作をやり遂げることができたのは、神社の宮司さんや山下さん、山下さんのマネージャーさん、先生やゼミ生の協力があったおかげだ。番組を作るため私に力を貸し、かけがえのない思い出をくれたたくさんの「猫の手」に感謝したい。



[PR]

by tamatanweb | 2015-04-01 00:00

<< 筆じゃない、木目だから伝えられること 「飛行機の神様」と出会って >>