無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 「青い目の人形」と戦争   

法学部法律学科三年 大関宏紀

 今から八八年前、一九二七年に海を渡って日本にやってきた「青い目の人形」をご存知だろうか。米国で排日移民法が施行された後、日米関係の悪化を懸念した米国人牧師シドニー・ルイス・ギューリック氏が、日本全国の幼稚園、小学校に一万体以上の西洋人形を寄贈したのである。これらの「青い目の人形」は、日本中の子どもたちに熱烈に歓迎された。しかし、人形のほとんどは、太平洋戦争中に、敵国の象徴、憎しみの対象として扱われ、破壊されてしまった。現存する人形は全国わずか三〇〇体ほど、三%にも満たないとされている。戦後七〇年にあたる今年、私は、戦争という危機を乗り越えて現存する「青い目の人形」に込められた思いを追うドキュメンタリーの制作に携わった。作品は、今年八月に「第一三六回 多摩探検隊」として放映された。

 八王子市立第八小学校には「メアリー」、檜原村立檜原小学校には「パティ」と名付けられた「青い目の人形」が残っている。現存するこれらの人形を初めて見たとき、私には九〇年も昔に贈られた人形だとは思えなかった。目立った損傷もなく、二体の人形とも、横に寝かせると目を閉じる機能までも生きていたからだ。良好な状態で残されているこれらの人形もまた、ほかの「青い目の人形」と同様に、戦時中は敵国の人形として破壊される危機にさらされ続けた。

 「青い目の人形」が破壊された様子を覚えている方もいた。東京都日の出町在住の清水浩さん(八〇)は、国民学校三年生の時に「青い目の人形」を強制的に踏みつけさせられた経験を語ってくれた。黒板には、「憎い憎いアメリカ人」と、連合艦隊司令官長官・山本五十六の仇討ちを意味する文章が書かれていたそうだ。「変なことをしてしまったという思いと、踏んだ時のいやな感触が今でも忘れられない」と話す。

 そうした中で、多摩に残る二体は、「人形に罪はない」と考えた当時の小学校の教諭、児童による勇気ある行動によって守られた歴史を持つ。檜原小学校の吉野一巳校長先生は、当時の教頭先生の勇気ある決断と現在まで保存されてきた人形「パティ」について、「檜原小学校の誇り」と語る。また、「メアリー」が残る八王子市立第八小学校では、青い目の人形が守られた経緯を演劇にして、児童たちが演じることで、後世に伝えていく努力が続けられている。

 今回の多摩探検隊の撮影は、米国メリーランド州への海外ロケも敢行した。そして、分かったことが一つあった。「青い目の人形」が日本に贈られてからの九〇年間に、様々な国籍と世代の人々が関わってきたが、彼らの心の根底にあったものは「平和への思い」だった。私は、この思いを伝え、戦争、平和について考えてもらうきっかけになるような作品を制作したい。これが、私の本番組の制作意図だった。

 番組の構成表ができたのは三月、そこから先輩方の仕事を引き継ぐかたちで編集作業を重ねた。番組が完成したのは七月下旬だった。完成した番組は戦後七〇年を迎える八月に、多摩地域を中心にケーブルテレビ一九局で放送していただいた。放送圏内にある日野市で一人暮らしをしている私も、自宅でリアルタイムで組を視聴することができた。自分が編集した番組がテレビに映るのは、なんだか気恥ずかしいものだった。

 終戦から七〇年が経ち、戦争の記憶が薄れゆく今、この番組が、戦争や平和を考えるきっかけになってくれれば、それほど嬉しいことはない。


[PR]

by tamatanweb | 2015-11-01 00:00

<< 高浜一色の夏 柴犬シバくんが作りだす小金井市... >>