無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 台湾二二八事件は、父を奪い、母を奪い、そして私の尊厳も奪った   

商学部会計学科二年 青山拓冬

 私の所属するFLP松野良一ゼミでは、二〇一一年から台湾二二八事件の受難者家族の方を取材し、記録する活動を行っている。この事件には台湾人だけではなく、日本人も巻き込まれている。今回私は、事件によって亡くなった日本人、仲嵩実(なかたけ みのる)氏の娘・徳田ハツ子さんを取材した。
なぜ仲嵩氏は、日本人であるにも関わらず台湾の事件に巻き込まれてしまったのだろうか。これには、仲嵩氏の住んでいた与那国島の地理と当時の情勢が関係している。戦前、与那国島には、仕事の場が少なかった。そのため島民は、与那国島から船で六時間程度の距離にあった台湾に出稼ぎに出ていた。仕事は、漁業、女中、丁稚(でっち)奉公等であったという。終戦により日本統治を離れた台湾と、与那国島の間に国境が敷かれた。しかし、当時の与那国島民は、国境を無視し、頻繁に台湾との間を往復していた。仲嵩氏自身も戦後、戦前から続けている漁や、戦後に始めた民間引き揚げ船の仕事などで、何度も台湾との間を行き来していた。そうするうちに、事件に巻き込まれてしまったのである。
ハツ子さんはその経緯について、様々な人から得た証言をもとに、概要を語ってくれた。それによると、仲嵩氏は一九四七年二月ごろ、与那国島から台湾へ、民間引き揚げ船の仕事で渡航した。しかし、航路上、もしくは台湾の港で、船を動かすための部品のノズルが故障してしまった。どのように移動したのかは分かっていないが、ノズルの代替品を調達するために台湾の港湾都市である基隆(きーるん)の社寮島(現在の和平島)を目指した。社寮島には戦前から、沖縄島民が多く住んでおり、戦後も琉球村と呼ばれる集落があった。仲嵩氏は社寮島に着いたとき、国民党軍に捕まり、殺されたという。
仲嵩氏が亡くなった後、娘のハツ子さんの人生について、ハツ子さんの娘・當間(とうま)ちえみさん(仲嵩氏の孫)は、二〇一四(平成二六)年四月二五日付の琉球新報で、こうコメントしている。
 「(母の)その後の人生は耐え難いほどの苦労を重ねてきた」
実際にハツ子さんやちえみさん、その関係者に会って話を聞くまで、私はこの「耐え難い程の苦労」という言葉から「父親がいないことの寂しさ」や「大黒柱を失ったことによる経済的な不自由」といったことを想像していた。しかし、取材を進めてみると、事実は想像を超えるものであることが分かった。
まず、ハツ子さんは父親を失ったことを契機に、母テツさんとも別れたという。テツさんは、仲嵩家の親族から「仲嵩実が殺されたのはお前のせいだ!」と責められ続け、家にいられなくなった。まだ幼かったハツ子さんは、母テツさんがなぜ責められているのか分からなかったという。一方で、家を去っていく母を見て、自分は捨てられたと思ったそうだ。ハツ子さんは「(自分を捨てた母に対して)もう、愛情を感じないんです」と語った。
さらにハツ子さんは、母テツさんが自分のもとを去り、親戚に預けられてからのエピソードを語った。親族に強引に結婚相手を決められたこと、親族や教師から何もしていないのに泥棒扱いされたこと、などがあったという。
台湾二二八事件は、ハツ子さんから父親を奪っただけではなく、母親も奪い、そして、ハツ子さん自身の尊厳までも奪ったのだということが分かった。
取材前の私は、過去に先輩方が書いたルポルタージュとの差別化を図るために、台湾二二八事件の資料や与那国島の資料を読み漁った。そして私は一応、台湾二二八事件について理解したつもりで、ハツ子さんがいる沖縄へと飛んだ。
しかし、取材を進めるに従って、資料だけでは分からない事実がたくさん判明してきた。特に、受難者本人のみならず、その家族も様々な混乱と苦労に巻き込まれ、これまで苦しみ続けてきたということを知った。
日本統治が終了した台湾で何が起きたのか。そして、台湾二二八事件に巻き込まれた日本人がいたこと、その受難者家族が、その後どれだけ辛い人生を送ってきたのか。私は、ハツ子さんたちの貴重な証言を含め、記録を書き続け、後世につないでいきたいと考えている。
[PR]

by tamatanweb | 2016-03-01 00:00 | その他

<< 「対馬丸」生存者の記憶-中央大... 異国の地で思いを日本に伝える仲... >>